現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

新しいピルが発売されました ジェミーナ

生理痛に悩んでいる方におススメしているピルですが、今まで保険で処方できたのは

ルナベルLD、ルナベルULD、ヤーズ、ヤーズフレックスの4種類でした。

そこに

ジェミーナ

という新しいピルが加わることになりました。



ジェミーナという薬が、今までのピルと何が違うかというと、日本初の


レボノルゲストレル


が含まれるピルという点です。


これについては、以前ブログで説明しているので、どうぞ。


obgyne.hatenablog.com


簡単にまとめると、今までのピルよりも、より血栓症のリスクが低いことが期待できる、ということです。


ピルの血栓症については、飲み始めが一番リスクが高く、飲んでいる間にどんどんリスクが低くなってきています。

そのため、今までヤーズやルナベルで調子が良い方が、ジェミーナに変えるべきかどうか、というのは難しい問題になります。

ピルの種類を変えることで、今まで調子が良かったのに、血栓症以外の副作用が出てくる可能性もありますので。


新たにピルを始める方はジェミーナを選ぶのがいいかもしれませんから、主治医の先生と相談してみてください。


ちなみに、ルナベルに関しては21日タイプ、ヤーズに関しては28日タイプでしたが、このジェミーナに関しては、21日タイプも28日タイプもあります。


このように、21日ごとに生理を来させることもできれば、77日ごとに生理を来させることもできるので、希望に応じて選んでもらえます。

生理痛、生理不順、生理前の調子の悪さ、そういったものが改善されることの多いピルの内服を一度検討してみてくださいね。