現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

低用量ピルを飲んで血栓症になるリスクについて

低用量ピルに関する論文を見つけたので、今日はその論文について解説したいと思います。


低用量ピルによる肺塞栓、脳卒中心筋梗塞のリスク 500万人のフランス人女性に対する研究

Low dose oestrogen combined oral contraception and risk of pulmonary embolism, stroke, and myocardial infarction in five million French women: cohort study

2010年7月~2012年9月において、ピルを服用した15歳~49歳の女性500万人を対象に調査した論文です。

論文の対象となった人


対象となる女性は、癌にかかったことがある人や、肺塞栓・心筋梗塞脳卒中にかかったことのある人、慢性疾患にかかっている人は除かれています。

ピルを服用している544万3916人のうち、3253人に血栓症の副作用がありました。内訳は、肺塞栓が1800人(10万人中33人)、脳卒中が1046人(10万人中19人)、心筋梗塞が407人(10万人中7人)でした。

確率で言うと、0.06%と非常に低い確率で血栓症が起きています。

ピルの種類について


低用量ピルというのは、簡単に言うとEとPという二種類のホルモン剤を混ぜ合わせた薬なのですが、EとPの種類や用量によって、リスク分類をした結果・・・

Eは全て同じ種類で、20μgという量と、30-40μgという量で比較しています。

Pは用量での比較ではなく、種類の違いで比較しています。

デソゲストレル、ゲストーゲン、レボノルゲストレルという三種類のPについて比較しました。

まずは、同じPを使っている場合

Eが30-40μgに比べて、20μgしか使っていない場合は、肺塞栓は0.75倍、脳卒中が0.82倍、心筋梗塞が0.56倍と、Eが少ない方が血栓症の副作用は低いことがわかりました。



次に、Eの量が同じ場合

デソゲストレルとゲストーゲンはレボノルゲストレルと比べて肺塞栓は1.5~2倍になりました。

レボノルゲストレルに限定すると、Eの量が30-40μgより20μgの方が、明らかにリスクが低くなりました。


結局どういうこと?


同じ量のEを使っている場合、デソゲストレルやゲストーゲンより、レボノルゲストレルの方が、肺塞栓の確率は低い結果となりました(脳卒中心筋梗塞は変わらず)

日本で発売されている薬ではどうなの?

メジャーな薬として、ルナベル、ヤーズ、トリキュラーマーベロンを検証します。

ルナベルにはLDとULDがあり、LDはE:35μg ULDはE:20μg と、Eの量が変わっています。Pは、ノルエチステロンという種類です。

上の論文でも記載してあるように、Pの種類が同じなのであれば、Eは少ない方が血栓症の確率は低いはずなので、ULDの方が血栓症のリスクは低いだろうと思われます。

ヤーズは、E:20μgと低用量ですが、Pの種類がドロスピレノンと言って、上の論文では検証されていません。

トリキュラーは、E:30μgと、Pはノボノルゲストレル
マーベロンは、E:30μgと、Pはデソゲストレルになっています。

具体的に血栓症のリスクを比べてみた


トリキュラーで肺塞栓、脳卒中心筋梗塞が起こる確率を1とした場合、

ルナベルLDでは、肺塞栓:0.56 脳卒中:0.85、心筋梗塞:0.97
マーベロンは、肺塞栓:2.18 脳卒中:0.80 心筋梗塞:0・75

となっています。

数字だけ見ると、ルナベルLDが一番血栓症の確率は低そうです。

また、Eは少ない方が血栓症の確率は下がると思われるため、ルナベルLDよりULDの方がリスクは低いと言えそうです。


これらの血栓症の確率は、1万人に2人とか3人のレベルでのお話しですので、そこまで劇的に変わるものではありませんが、血栓症以外の副作用が特に変わらないのであれば、より血栓症のリスクが低い薬を選びたいですね。