現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

内診検査は絶対必要なのか

婦人科を受診する上で最もハードルを高くしているのは、やはり

 

内診

 

という検査の存在だと思います。

 

性交経験のある方でも抵抗があると思いますが、性交経験のない方であれば、内診はとても痛くて出来ないですし、内診台というものに対する抵抗もあって、婦人科受診そのものを遠ざけていると思います。

 

そこで、私のクリニックの問診票には

 

「内診をどうしても受けたくない」

 

というチェック項目を作りました。

 

そこにチェックしていただけば、内診検査は行いません。もちろん、症状次第ではどうしても必要になってしまうことはあります、、、

 

例えば、お腹の痛みが激しい時には、卵巣が腫れて捻れている可能性があり、緊急手術が必要になります。その診断を早くつけるためには超音波検査が必要なので、腟からの検査、もしくは直腸からの検査が必要になります。

 

また、性交経験のある方だと、異所性妊娠(子宮外妊娠)や卵巣出血の可能性もあり、内診検査の必要性が出てきます。

 

ただ、それほど痛みが強くなかったり、普段の生理痛は重いけど、診察時には痛みがない、という時には、内診検査が絶対必要、という訳ではありません。

 

子宮筋腫や卵巣の腫れに関しては超音波検査ではなく、MRIという検査で調べることもできます。

 

超音波検査だと1500円ほどで済むのですが、MRIだと、大きな病院に後日受診してもらって、検査料だけで5000円近くするというデメリットはあるので、どちらかを選んでもらう形になります。

 

どうしても内診検査に抵抗のある方は、ご相談いただければ、と思います。

 

例えば、生理前に調子が悪くなる

 

月経前症候群

 

では、内診の検査は不要で、漢方やピルを飲むことで改善することが多いので、相談に来てくださいね。