現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

妊娠反応が陽性に出たら

先日、妊娠反応が陽性に出たからと言って、あまり早く受診しないで下さい、と言っている産婦人科医を見かけました。

 

週数が早い段階で超音波で診ても、まだ何もわからないから、というのが理由のようです。

 

ちょっと待ってください!!!

 

 

「週数が早い」のは受診して初めてわかることですよね。

 

確かに、最後の生理から1ヶ月しか経っていなければ、まだ妊娠4週なので、受診するには早過ぎます。

 

でも、産婦人科医の世界では常識なんですが、「最後の生理」が本当に生理だったかどうかわからないこともあるのです。

 

ただ単なる不正出血であったり、妊娠に伴う初期の出血を「最後の生理」と思ってしまうことは、それほど珍しくありません。

 

もしそうなると、「妊娠4週」ではなく、「妊娠8週」ということになってきます。

 

 

妊娠初期の診察が大事なのは、

 

異所性妊娠

 

一昔前で言う子宮外妊娠を出来るだけ早く見つけなければいけないからです。

 

 

異所性妊娠の多くは、子宮から出ている

 

卵管

 

という細い管に妊娠しています。

 

とても細い管なので、妊娠した赤ちゃんの袋がある程度大きくなると、そこが裂けてしまうのです。

 

赤ちゃんの袋の周りはとても血流が豊富なので、裂けた部分からの出血はとても多くなることがあります。

 

中には、お腹の中で大出血して命に関わることも・・・

 

そのため、産婦人科医は妊娠初期に

 

異所性妊娠

 

の可能性を徹底的に否定しておきたいのです。

 

子宮の中に赤ちゃんの袋が見えれば、ひとまず異所性妊娠の可能性は相当低くなります。

 

(内外同時妊娠と言って、子宮の中にも外にも妊娠している可能性がわずかばかり残るのですが・・・)

 

つまり、子宮の中に赤ちゃんの袋が見えない間は、誰にも状況がわからないのです。

 

ましてや、「最後の生理」から4週間しか経っていないから、「まだ妊娠4週なので診察しても何もわからない」なんて結論付けることは不可能なのです。

 

もちろん、結果的に「妊娠4週で、診察しても何もわからなかった」ということがほとんどです。

 

でも、子宮外妊娠を数多く経験している産婦人科医なら、

 

「受診するのが早すぎるんだよ」

 

とは思いません。

 

「ふぅ、ひとまず破裂の危機は無さそうだけど、まだ子宮の中に赤ちゃんの袋が見えないから油断は禁物だな」

 

と思うものです。

 

ですので、あまり早く受診しても仕方がないな、なんて決して思わず、妊娠反応が陽性に出た時点で受診するようにして下さいね。