現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

不妊症かな、と思ったら

一般的に

避妊せずに1年経っても妊娠しないこと

不妊症の定義とされています。



とは言え、「1年も待っていられない」「一刻も早く妊娠したい」という方もおられると思います。


そこで、「不妊症か否か」という定義は置いておいて、ある程度簡単に「妊娠できるのかな」という気持ちに答えられる検査を説明したいと思います。


まず一番簡単に調べられるのが


基礎体温

です。

病院を受診しなくても、「基礎体温計」を購入して、体温表をつけるだけで、しっかり排卵できているのかどうかを調べることができます。

最近では、体温を測るだけで勝手にアプリに体温表を付けてくれる優れものもあるので、今までつけたことがない方は、一度試してみてはどうでしょうか。


ただ、毎日計測するのが結構大変だったりします。そこは、ある程度アバウトでも大丈夫です。1日計測し忘れたところで、大した問題ではありません。

最終的に体温のグラフを遠目に見たときに、低温の部分と高温の部分が分かれているようであれば、まず問題なく排卵していると思って大丈夫でしょう。

いつまで経っても、同じような体温でグラフが推移していて、低温なのか高温なのか、はっきりしない場合は、うまく排卵できていない可能性があります。


そういった時は、ホルモン採血をしてみる必要があるのですが、生理3日目~7日目くらいに採血する必要があるので、うまくタイミングが合えば受診してみてください。

もし、何カ月も生理が来ない、という方であれば、そこまで生理中のタイミングにこだわる必要はないので、都合のいいタイミングで受診してくださいね。


あとは、クラミジアの検査も早めに受けてほしいと思います。

obgyne.hatenablog.com

クラミジアは、本当に知らない間に感染していることが多いです。そして、放置していると不妊症の原因にもなってしまい、クラミジア自体がお腹の中に広がって、「癒着」を起こしてしまうと、その「癒着」は飲み薬では治すことができません。


癒着とは、もともとくっついていない、子宮や卵巣、卵管、腸がベタベタくっついてしまうことです。それが原因で、不妊症になってしまったり、排便時の痛みが出たり、性交痛がでたりします。

この「癒着」は、クラミジアだけでなく、子宮内膜症が酷くなった場合でも起きてしまうもので、いずれも飲み薬だけだと治療が難しく、超音波での診断も難しいため、非常に厄介な状況と言えます。


そのため、できるだけ早く原因を見つけて、ひどい「癒着」に進むのを防止することが大事になってきます。


あとは、精液検査です。


統計上、不妊症の原因の半分には、男性側の原因があるのです。そのため、精液検査はかなり早い段階で調べておいた方がいい検査です。


女性が婦人科を受診して、いろいろ検査を受けなければならないことを考えると、男性は精液検査を受ければいいだけなので、比較的ハードルが低い検査かと思います。

ぜひ、相手の方としっかり相談して、ひとつひとつ検査を進めてみてくださいね。