現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

腹筋しすぎたら子宮が出てきちゃう??

ダイエットは永遠の課題ですが、個人的には筋トレが一番ラクかなと思っています。


ランニングやウォーキングは時間がかかるし、やっている間はカロリーが消費されますが、お休みしている間はカロリー消費されません。


その点、筋トレは週に3回程度のトレーニングで大丈夫。テレビを見ながらでも出来るし、トレーニングしていない間も筋肉による基礎代謝が期待できるので、どんどんカロリーが消費されるのです。


ランニングやウォーキング自体が楽しい、という方はそちらをおススメしますが、ダイエットのために走る!という義務感があると長続きしません。

義務感で1時間過ごすよりは、筋トレを10分程度やる方が、よほど楽ですよね。

ダイエットに必要なのは長続きすることですから、ご自分にあった方法を選んでもらいたいと思います。



ということで、最も有効な筋トレは腹筋やスクワットです。


obgyne.hatenablog.com


以前も筋トレをおススメしていたのですが、「筋肉をつけたら太くなる」と心配するのは止めましょう。


筋肉をつけるのはかなり大変です。そして、筋肉がつけば、自然と体全体の脂肪が減って、やせています。

しかも、筋トレを止めれば、あっという間に筋肉は細くなります。



ただ、一点だけ注意があるとすれば、腹筋について。


背筋も同時に鍛えないと腰を痛める、というのは聞いたことがあると思いますが、婦人科医として少し気になるのは

子宮脱


という状態です。

20代~30代の方であればまず大丈夫ですが、60歳前後から少しずつ心配になってくる病気です。



子宮というのは本来は腟の奥に収まっているのですが、子宮を支えている靭帯が弱くなってくると、どんどん腟の中に下りてきてしまって、最終的には腟の外に子宮が出てきてしまうのです。


特に、田舎で農作業をしている女性に見られる状態で、重いものを持つときにお腹に力を入れることが子宮脱の原因になるのです。


お腹に力を入れると、その力の逃げ場が腟の方に向かってしまって、子宮がどんどん腟の方に押し出されていくんですね。


完全に子宮が外に出てしまうと、股の間に子宮が挟まって歩きにくい状態になってしまいますし、出血の原因にもなります。


そこまで行かなくても、腟の中に子宮が下りてくると、「何となく違和感がある」という症状で受診されることもあります。



ですので、そういった状態を防ぐためには「お腹に力を入れる動作は禁止」ということになります。



60歳前後の方に多い、という話をしましたが、まれに出産が原因で子宮が下りてきてしまうこともあります。


本当に子宮が外に出てしまうと、手術をするか、腟の中にリングをいれて子宮が下りてこないようにブロックすることになりますが、軽く下りてくる程度であれば、「筋トレ」をすることで改善が期待できます。


その「筋トレ」は腹筋ではありませんよ、腹筋は逆効果ですからね。


子宮が下りてくるのを防ぐ筋トレは、

骨盤底筋運動


というものです。


簡単に言うと、おならが出そうになった時に我慢する動きが、それに当たります。

ですので、1日に何回もおならを我慢する動きをすれば、それが筋トレになるんです。



もしも、出産を機に腟の中に違和感がある、という方がいれば、この骨盤底筋運動を試してみてくださいね。


ダイエット目的であれば、腹筋は逆効果なので、スクワットをしましょう。

「ついで」検査のおすすめ

皆さん、子宮がん検診は受けていますか。

なかなか「検診」というのは受診のハードルが高いと思います、私自身、しっかり検診を受けているかというと・・・

受けないといけないとは思っているんだけど


そもそも、病院にわざわざ行くのがハードル高いですし、婦人科であれば尚更ですよね。



ただ、そんな中でも「おりものが増えた」「何となくお腹が痛い」「痒みがひどくなってきた」といった理由で受診される方がいて、そういう方に


「ついでに癌検査もどうですか」


と聞いてみると、お願いされることがとても多いのです。



というのも、おりものの検査や腹痛の検査はどうしても内診が必要になることが多くて、そのついでに子宮頸がんの検査であれば、サッと終わるんです。


痛いですか?と聞かれることもありますが、検査自体は柔らかいプラスチックのブラシで子宮表面をこするだけなので、ほとんど痛みはありません。




実際の料金もそれほど高いものではありません。

「子宮頸がん検診」といって、「検診」であればクリニックごとに値段がマチマチなので、3000円とか4000円くらいすることもありますが、不正出血などの症状があって「子宮頸がん検査」=「検査」をするのであれば、保険が使えるので、費用は1000円程度です。


そこに初診料などが加わってきますし、おりもの検査などをしていれば、また値段は変わってきますが、純粋な「子宮頸がん検査」は1000円程度なんです。


思っているより、値段が安いのではないでしょうか。



子宮頸がん検査だけを目的に病院を受診するのは少しハードルが高い、と思っている方、何か婦人科系の症状があれば婦人科を受診したついでに「子宮頸がん検査」を相談してみてくださいね。

帝王切開の吐き気には〇〇が効く

赤ちゃんが逆子であったり、前回帝王切開をしていたり、お産の途中で赤ちゃんが苦しくなったり、と様々な理由で帝王切開をすることがあるのですが、帝王切開中にお母さんが気持ち悪くなってしまうことがあります。

その原因の一つとして、麻酔によって血圧が下がってしまい、気持ち悪くなることがあるのですが、その対策として

しょうが

が効果がある、という論文を見つけたので、今日はそれを紹介したいと思います。


論文は

Zeraati et al.:The Effect of Ginger Extract on the Incidence and Severity of Nausea and Vomiting After Cesarean Section Under Spinal Anesthesia. Anesth Pain Med. 2016 Aug 15;6(5):e38943. eCollection 2016 Oct.


2016年に発表された、「脊椎麻酔にて帝王切開した後の嘔気に対するショウガの効果」というものです。

92人の妊婦さんを2つのグループに分けて、片方は手術1時間前に30mlの水を飲んでもらい、もう一方のグループは30mlの水にショウガの絞り汁を25滴入れて飲んでもらいました。


その結果、帝王切開中に吐き気が出なかったのは、水を飲んだ人たちの48%だったのに対して、ショウガ汁を飲んだ人たちでは76%になったのです。

正直、帝王切開中の吐き気って、ある程度仕方がないものと思っていた部分はあるのですが、実に8割近い人の吐き気が抑えられた、というのはかなり効果的な印象です。


今は開業して帝王切開をすることは無くなってしまいましたが、仲のいい産婦人科医に勧めてみて、その効果を聞いてみたいと思います。


ちなみに、手術前の飲食は禁止になっている病院も多いと思いますので、帝王切開前に自己判断で水分を摂ることはせず、担当の先生としっかり相談してくださいね。

妊娠中に気をつけること 手洗いをしっかりと!

先日、ローストビーフや火がしっかり通っていないお肉を食べると、

 

トキソプラズマ

 

という微生物に感染して赤ちゃんに影響が出る、という話をしました。

 

それと同じように妊娠中に気をつけたいものがあります。

 

それが

 

サイトメガロ

 

というもの。

 

これは、小さい子供のオシッコや唾液にたくさん含まれていて、それらを触れた手で何かを食べると、口から感染してしまうのです。

 

そのため、そういったものに触れた後にはしっかりと手洗いが必要ですし、子供の食べ残しを食べたり、大皿料理を一緒に食べる時も感染する可能性は出てきます。

 

自分が口にする食器で子供に食べさせてあげるのも注意が必要ですね。

 

もちろん、感染したら絶対赤ちゃんに影響が出るわけでもないですし、周りの友達でそんなこと気にしている人いないかも知れません。

 

それでも、たった10ヶ月の間、気をつけてあげるだけで、赤ちゃんの一生が変わる可能性があるのだとすれば、知識としては知っておいて欲しいのです。

 

また、手洗いに関しては、このサイトメガロ以外でも、いろんな感染症予防に重要ですし、今まで不十分だった方は、妊娠を機に見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

妊娠中に食べてはいけないローストビーフ

初めて妊娠した方は不安がいっぱいで、赤ちゃんが子宮の中に確認できた時点で「何か心配なことはありますか」と尋ねても、「何を聞けばいいのかわからない」と言われることが多いです。

 

そんな中でもよく聞かれるのは「妊娠中にやってはいけないこと」

 

お酒やタバコは当然ダメなので、みなさんうなづいてくれるのですが、生肉や生ハムなど加熱不十分なお肉はダメだというと、驚かれることも多いです。

 

特に、近頃よく見るローストビーフ。あれも怪しいですよね。

 

いわゆる加熱不十分なお肉で心配なことは

 

トキソプラズマ

 

という微生物に感染してしまうこと。

 

妊娠中に感染してしまうと、赤ちゃんに影響が出ることがあるので、疑わしい食べ物は避けた方がいいですよね。

 

このトキソプラズマ、肉の中心が67度になるまで加熱すれば大丈夫と言われています。

 

けれど、世の中の全てのローストビーフが本当にそこまで加熱されているでしょうか。

 

そう考えると、あえて妊娠中にローストビーフを選んで食べなくてもいいですよね。

 

というわけで、妊娠中はしっかりと火が通っているお肉を食べましょう。