現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

生理の前の調子の悪さ、どうしてますか?

女性の半数以上が、生理前に調子が悪くなる、と言われています。


お聞きになったことがある方もいると思いますが、病名で言えば、


PMS


月経前症候群


と言います。


このPMS、軽いものでは特に医学的な治療が必要ないのですが、やはり症状が重くなると何らかの薬が必要になり、症状が重くなってくると、PMSではなく、


PMDD

月経前不快気分障害

という病名に変わってくるのです。



PMSPMDDでは、生理前に調子が悪くなり、生理が来ると症状が軽くなるのが特徴ですが、治療法としては漢方であったり、ピルを使うことが多いのです。


ただ、ピルに関しては保険で使えるお薬がありません。


ヤーズという薬が、PMDDに効くと言われており、アメリカでは保険適応になっているのですが、日本ではヤーズは生理痛に対してしか保険が効かないのです。


そのため、ヤーズをPMSPMDDに使おうとすると、自費で月7000円近くしてしまいます。


実際には、ヤーズ以外のピルを飲んでみてもらうと、PMSPMDDに効くことも多いので、そちらで経過を診ることが多いです。

当院では、ヤーズ以外のピルが月3000円ですので、月7000円近くするヤーズに比べれば、だいぶ安いですよね。


もちろん、PMSPMDDに加えて、生理痛で悩んでいる方は、ヤーズを保険で使えますので、月々2000円ちょっとの負担になります。


その他の治療法として漢方薬もありますので、生理前の調子の悪さで悩んでいる方は、一度ご相談ください。

内診検査は絶対必要なのか

婦人科を受診する上で最もハードルを高くしているのは、やはり

 

内診

 

という検査の存在だと思います。

 

性交経験のある方でも抵抗があると思いますが、性交経験のない方であれば、内診はとても痛くて出来ないですし、内診台というものに対する抵抗もあって、婦人科受診そのものを遠ざけていると思います。

 

そこで、私のクリニックの問診票には

 

「内診をどうしても受けたくない」

 

というチェック項目を作りました。

 

そこにチェックしていただけば、内診検査は行いません。もちろん、症状次第ではどうしても必要になってしまうことはあります、、、

 

例えば、お腹の痛みが激しい時には、卵巣が腫れて捻れている可能性があり、緊急手術が必要になります。その診断を早くつけるためには超音波検査が必要なので、腟からの検査、もしくは直腸からの検査が必要になります。

 

また、性交経験のある方だと、異所性妊娠(子宮外妊娠)や卵巣出血の可能性もあり、内診検査の必要性が出てきます。

 

ただ、それほど痛みが強くなかったり、普段の生理痛は重いけど、診察時には痛みがない、という時には、内診検査が絶対必要、という訳ではありません。

 

子宮筋腫や卵巣の腫れに関しては超音波検査ではなく、MRIという検査で調べることもできます。

 

超音波検査だと1500円ほどで済むのですが、MRIだと、大きな病院に後日受診してもらって、検査料だけで5000円近くするというデメリットはあるので、どちらかを選んでもらう形になります。

 

どうしても内診検査に抵抗のある方は、ご相談いただければ、と思います。

 

例えば、生理前に調子が悪くなる

 

月経前症候群

 

では、内診の検査は不要で、漢方やピルを飲むことで改善することが多いので、相談に来てくださいね。

 

 

医者になる、ということ

医者になるためには、医学部に入らないといけません。

 

医学部に入るためには、高校時代から受験勉強を頑張らないといけません。

 

そう考えると、高校3年間と医学部6年間の合計9年間は医師免許を取るために頑張るわけです。

 

そして、医師免許を取った後、2年間は初期研修というものを受けなければならず、それが終わってやっと◯◯科の医師として、スタートラインに立てます。

 

他の職業の詳しいことはわかりませんが、10年近くかけて、やっとスタートラインに立てる資格、というのもなかなか珍しいのではないでしょうか。

 

 

一般的には「儲かる」というイメージがあり、中には「お金のため」に医者を選ぶ人もいるでしょう。

 

そして、人の命を預かるものとして、「お金」を目標にするのはけしからん、という人もいるでしょう。

 

ただ、私は「きっかけ」は何でもいいと思っています。

 

先ほど説明したように、医学部に入ってからスタートラインに立てるまで、10年近い歳月がかかります。

 

その間に、本当にいろんなことを経験します。

 

そこで「お金」より大事なことを見つけるかもしれません。

 

私自身、医学部に入った当初の目標とは全く違う道に進んでいます。

美容外科が流行り始めた時代に医学部生として過ごし、その世界に進みたいと思ったこともありました。

 

それでも、産婦人科医として働くことになったのは、様々な指導医に恵まれた「縁」だと思っています。

 

 

 

 

多くの人にとって、高校時代は受験勉強なんかより楽しいものに囲まれる時期だと思います。

 

そんな時代を「受験勉強」に捧げるだけの「想い」があれば、医学部に入ってから、そして医者になってからの苦労も乗り越えられると思います。

 

医者になる、という「強い想い」を持って、医学部に入りましょう。

 

医者になって何をするか、なんていつでも変えられます。

 

 

ただ一つ言えることは、医者=儲かる、という図式は、将来的にどうなるか全くわからない、ということであり、医者としての仕事は、これから先も変わっていくことはないだろう、ということ。

 

「お金」だけではなく、「医師としての仕事」を本当に好きなことだけは必要になってきます。

 

 

医師として思い悩むことは沢山あり、それは「稼ぎ」では一つも解決できないことばかりですから。

ディナゲストの勉強会にでてきました


生理痛に対する薬として、ピルやミレーナがあるのですが、そういったものが合わない方には


ディナゲスト

という飲み薬があります。



これは、それほど深刻な副作用もないので、比較的飲んでもらいやすいかと思っているのですが、どうしても値段がネックでした。

保険が使えても1か月に9000円近いのです。


そのディナゲストに後発品、ジェネリックが出ることになりました。


obgyne.hatenablog.com



そのおかげで、1か月の負担が半分くらいになって、ピルの1か月の費用2000円~3000円にかなり近づくことになりました。



ということで、先日ディナゲストの勉強会に出てきました。


個人的には、10年近く前にお世話になった先生方に久しぶりにお会いすることができ、とても懐かしかったのと、またこうして当時お世話になった先生方の近くで診療できることが、とても心強く思えました。



ディナゲストの説明についてですが、やはり


子宮腺筋症


は難しい存在だな、ということ。


子宮腺筋症とは子宮の筋肉が分厚くなってしまい、ヒドイ生理痛の原因になったり、生理の量が多くなったり、人によっては不妊や流産の原因にもなったりするものです。


ただ、一口に「子宮腺筋症」と言っても、そのレベルは様々で、ほとんど影響が出ないものから、症状自体かなり重くなるものまで様々で、クリアに線引きができない部分が多いのです。


ディナゲスト自体も子宮腺筋症には効きます。痛みがかなり楽になることも多いですし、生理の量が減ることも多いです。ただ、子宮腺筋症の方がディナゲストを飲むと大出血を起こしてしまうリスクがあります。


先日の勉強会でも、相当な量の輸血をして何とか救命できた患者さんの経過を見せてもらいましたし、私自身も数年前にディナゲストで大出血をおこして危険な状態になった患者さんを診たことがあります。


その点から、生理痛や生理の多さに対しては、ピルやミレーナを使うことが多く、子宮腺筋症が無い場合には、ディナゲストが一番いい薬なのではないかな、と思っています。



また、GnRHアナログと言って、月に1度注射を打つことで仮の閉経状態に持ち込む薬もあります。

もし、ディナゲストの大出血が不安な時には、このGnRHアナログという注射を半年、ディナゲストを3カ月~半年、と交互に使っていく方法を使うこともあります。


この辺りは、それぞれの患者さんの状態に応じて使い分けていくので、気になることがあれば相談に来ていただければ、と思います。



最後のまとめとして、それぞれの薬の特徴を書いておきたいと思います。


ピルは、比較的安くて、避妊効果もあり、使いやすいのですが、血栓症という副作用がどうしてもついて回ります。血栓症のリスクさえなければ、とてもいい薬だと思います。


ミレーナは、子宮の中に直接3㎝くらいの棒を入れるので、どうしても体の中に異物を入れることに抵抗が強いと、なかなか選択肢には上がりにくいです。あと、下から出産したことがなければ、ミレーナを入れる時に痛みが強く出ることがあるのと、ミレーナと一緒に雑菌が入ってしまうと、腹痛が強くなってしまうことが稀にあります。


ディナゲストの最大のデメリットは費用面と、子宮腺筋症があると大出血をしてしまうリスクです。その代わり、ピルのような血栓症のリスクがないところがメリットですね。


GnRHアナログという注射に関しては、仮の閉経状態に持ち込むので、更年期症状が出る人がいることと、骨粗しょう症が進む可能性を考えて、半年が限度になっているのが特徴です。


これらの選択肢を適宜相談しながら使っていく形になりますので、参考にしてみてください。

妊娠してもタバコを吸う方へ

妊娠したけど、タバコが辞められない方に向けて、以前ブログを書きました。

obgyne.hatenablog.com


今回は、もう少し踏み込んで、タバコを吸うと赤ちゃんにどういう影響が出るのか、詳しく書いていきたいと思います。




喫煙者の方は、流産率が

2倍

受動喫煙の方ですら、流産率は

1.6倍

になります。

(George L, ea al.: Environmental tobacco smoke and risk of spontaneous abortion. Epidemiology 2006;17:500-505)



そのほかには

前期破水が1.67倍

前期破水:37週までに破水してしまって、早産に繋がる可能性が高くなります。

頚管無力症が1.63倍

頚管無力症:子宮の出口である「頚管」の力が弱く、これも早産に繋がる可能性が高くなります。

切迫早産が1.38倍

切迫早産:子宮が何度も収縮し、子宮の出口が開いてきて、赤ちゃんが早産になりそうな状況です。

常位胎盤早期剥離が1.37倍

常位胎盤早期剥離:赤ちゃんが産まれる前に胎盤が剥がれてしまい、お母さんも赤ちゃんも危険な状態になります。

妊娠高血圧症候群が1.2倍


になります。

(Hayashi K,et al.: Smoking during pregnancy increases risks of various obstetric complications:a case-cohort study of the Japan Perinatal Registry Network database. J epidemiol 2011;21:61-66)


次に、赤ちゃんへの直接の影響です。


口唇裂・口蓋裂、先天性心疾患、手足の欠損、腹壁破裂などが増えます。


口唇裂・口蓋裂が1.28倍

先天性心疾患が1.09倍

手足の欠損が1.18~1.26倍

内反足が1.28倍

肛門閉鎖が1.2倍

腹壁破裂が1.5倍

になります。

(Hackshaw A,et al.: Maternal smoking in pregnancy and birth defects: a systematic review based on 173 687 malformed cases and 11.7 million controls. Hum Reprod Update 2011;17:589-604)

また、喫煙により

死産率が2倍

新生児死亡率が1.8倍

になるのですが、

妊娠初期に禁煙すると死産率・新生児死亡率は非喫煙者と変わらない

という結果になるのです。

(Wisborg K,et al.: Exposure to tobacco smoke in utero and the risk of stillbirth and death in the first year of life. Am J Epidemiol 2001;154:322-327)


発達異常(注意欠陥多動性障害)の確率が2倍

になる、というデータもあります。

(Melchior M,et al.: Maternal tobacco smoking in pregnancy and children's socio-emotional development at age 5: The EDEN mother-child birth cohort study. Eur Psychiatry 2015;30:562-568)


乳幼児突然死症候群が2.5倍


になる、というデータもあります。

(Ridolfo B and Stevenson C. Quantification of drug-caused mortality and morbidity in Australia, 1998. Drug statistics series no. 7, AIHW cat. no. PHE 29.Canberra: Australian Institute of Health and Welfare, 2001.)





妊娠中の喫煙には、これだけ多くの影響があるのです。


漠然と「タバコはダメ」と思っていた気持ちに、より実感が沸いたのではないでしょうか。


どうしても、タバコが辞められない方、今回のブログと


obgyne.hatenablog.com


を何度も読んでくださいね。