現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

りんご病が流行っています

両頬がリンゴのように赤くなる「伝染性紅斑」、通称 りんご病が首都圏や東北地方を中心に流行しています。

 

りんご病は、パルボウィルスが原因で、熱や咳、くしゃみ、関節痛など風邪のような症状が出るのですが、大人の場合はほとんど症状が出ないこともあります。

 

ウィルスに感染すると1週間ほどで風邪のような症状が出てきて、この時期に最もウィルスを排出して、周りの人に感染させるリスクが高くなります。

さらに1週間ほどすると、典型的な発疹などが出るのですが、その頃には周囲への感染リスクは下がってきます。

 

  • 感染経路と予防

 

感染した人の咳やくしゃみなどの「しぶし」を吸い込む事で感染したり、食器を共有したり、同じ道具を使ったりして、ウィルスを自分の口や鼻に運ぶ事で感染します。

 

食器を共有しないこと、マスクをする事、手洗い・うがいする事が予防につながります。

 

  • 妊娠中に感染すると

 

妊娠中にりんご病に感染すると、赤ちゃんが貧血になる事があります。貧血が進むと心不全となり、体がむくんで、胎児水腫という状態になる事があります。

 

妊娠20週より前の妊娠初期に感染すると、20%の確率で胎児に感染し、そのうち20%が胎児貧血や胎児水腫になると言われています。つまり、りんご病に感染した妊婦さんの4%に影響が出る、ということです。

妊娠28週以降の妊娠後期に感染した場合の赤ちゃんへのリスクは更に低いと言われています。

 

りんご病による影響は赤ちゃんの貧血だけで、奇形などの障害を引き起こすわけではなく、また、感染したとしても、赤ちゃんに影響の出る確率は低いため、中絶をする必要はありません。

 

 

  • 検査方法・治療方法は

 

妊娠中に感染したかどうかは、妊婦さんの血液検査で調べる事ができます。

ウィルスに感染してから10日ほどすると血液検査で調べる事が出来るようになります。

 

もし、感染がわかった場合は、定期的にエコー検査をして、赤ちゃんに影響が出ないかどうかを調べていくことになります。

胎児貧血が進む場合は、妊婦さんのお腹から針を刺して、直接赤ちゃんに輸血する事で治療します。

 

  • 妊娠中に気をつける事

 

りんご病のワクチンは存在しないため、感染予防を心がけるしかありません。

 

普通の風邪症状がりんご病や風疹である可能性もあるため、体調の悪い人からは距離を置く、むやみに人混みに出ないなどが大切です。

 

また、日頃から手洗い・うがい・マスクを心がけましょう。

妊娠と飲酒について

妊娠初期に受診された妊婦さん、特に初めての妊婦さんはわからないことだらけで、外来で「何か気になることがありますか」とたずねても、「わからないことがわからない状態」である事が多いです。

 

そんな時、決まって説明しているのは、お酒、タバコ、電子タバコ、生肉はダメですよ、という事。

 

どれも赤ちゃんにとって大きなリスクになる事ですので、気をつけてもらいたいことです。

 

そんな中で、今回は飲酒について説明したいと思います。

 

妊娠中の飲酒に関しては、海外での多くの研究により、飲酒が赤ちゃんの形態異常や脳萎縮、胎児発育不全、妊婦さんのうつ症状の悪化と関連することが示されています。

 

また、飲酒が量や時期に関係なく赤ちゃんに不可逆的な悪影響を及ぼす可能性も示されています。

 

しかし、妊娠初期、妊娠中後期の段階でお酒を「現在も飲んでいる」と回答している妊婦さんが、全体の9.5%、2.6%もいる、というデータがあります。

 

これは、東北大学が妊娠と飲酒に関して調査した論文です。

 

この論文では

 

・毎日、日本酒1合またはビール大瓶1本程度の飲酒を行った場合、飲酒をしていない妊婦さんに比較して妊娠高血圧症候群のリスクは3.45倍

 

・「以前は飲んでいたが止めた」と回答した妊婦さんでは妊娠高血圧症候群のリスクは0.90倍

 

という事が報告されています。

 

妊娠高血圧症候群とは、以前は妊娠中毒症とも呼んでいました。

 

妊娠中に血圧が高くなってしまい、赤ちゃんが小さく生まれたり、お母さんの脳出血のリスクが高くなったり、赤ちゃんが生まれる前に胎盤が剥がれてしまい、母子ともに危険な状態になったり。

 

それは突然起きる事もあり、我々産婦人科医が最も恐れている病気の一つでもあります。

 

飲酒を続ける事で、そんな危険な状態になる確率が上がってしまう、というのはとても怖いですね。

 

妊娠が分かった段階で飲酒しないことが重要なのがよくわかってもらえたと思います。

 

タバコ・電子タバコもそうですが、妊娠が分かった時点で飲酒も控えるようにしましょうね。

 

 

新しいピルが発売されました ジェミーナ

生理痛に悩んでいる方におススメしているピルですが、今まで保険で処方できたのは

ルナベルLD、ルナベルULD、ヤーズ、ヤーズフレックスの4種類でした。

そこに

ジェミーナ

という新しいピルが加わることになりました。



ジェミーナという薬が、今までのピルと何が違うかというと、日本初の


レボノルゲストレル


が含まれるピルという点です。


これについては、以前ブログで説明しているので、どうぞ。


obgyne.hatenablog.com


簡単にまとめると、今までのピルよりも、より血栓症のリスクが低いことが期待できる、ということです。


ピルの血栓症については、飲み始めが一番リスクが高く、飲んでいる間にどんどんリスクが低くなってきています。

そのため、今までヤーズやルナベルで調子が良い方が、ジェミーナに変えるべきかどうか、というのは難しい問題になります。

ピルの種類を変えることで、今まで調子が良かったのに、血栓症以外の副作用が出てくる可能性もありますので。


新たにピルを始める方はジェミーナを選ぶのがいいかもしれませんから、主治医の先生と相談してみてください。


ちなみに、ルナベルに関しては21日タイプ、ヤーズに関しては28日タイプでしたが、このジェミーナに関しては、21日タイプも28日タイプもあります。


このように、21日ごとに生理を来させることもできれば、77日ごとに生理を来させることもできるので、希望に応じて選んでもらえます。

生理痛、生理不順、生理前の調子の悪さ、そういったものが改善されることの多いピルの内服を一度検討してみてくださいね。

妊娠と麻疹

今年の3月、台湾から沖縄に来ていた旅行客が麻疹と診断されたことをきっかけに、沖縄県内で麻疹の感染が拡大しています。

また、4月に入って、沖縄県を旅行していた愛知県の男性が、麻疹と診断された為、愛知県はもとより、日本国内での麻疹の感染拡大が予想されています。

麻疹とは

麻疹とは、麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染と非常に強い感染力を持っています。

麻疹の症状は

典型的な経過としては、感染後10日ほどしてから症状が出現します。3日ほど発熱・咳・鼻水・結膜炎などの風邪症状が続いた後に、発疹が出現して、回復します。それだけで済めばいいのですが、肺炎や脳炎などの合併症をおこすことがあり、先進国でも1000人に1人が亡くなる、と言われています。

麻疹ワクチンについて

唯一の有効な予防法は、ワクチンの接種であり、2回接種することによって、発症のリスクを最小限に抑えることができます。
空気感染するため、手洗いやマスクでは予防できないと言われています。

妊娠中に麻疹にかかると

妊娠中に麻疹にかかると、流早産の確率が上がったり、肺炎のリスクが高くなると言われています。

1990年ころ、アメリカで麻疹が大流行した際、麻疹に感染した妊婦さんの3%近くが肺炎で亡くなりました。妊娠していない方の死亡率が1%以下であることを考えると、妊婦さんが麻疹に感染するリスクがよくわかると思います。

また、麻疹に感染した妊婦さんの3割近くが流産・早産となってしまいました。

予防策は

手洗いやマスクでは予防できません。ワクチンのみです。

妊娠してからはワクチンが打てないのですが、一緒に暮らしているご家族は打てますので、周囲の方がワクチンを打つことはとても大切です。また、できるだけ人ごみに出かけないことも大事です。

特に、現時点では沖縄県での流行が盛んであるため、連休中に沖縄県への旅行を考えている方は控えた方がいいでしょう。

もしも、感染したかも、と思った時は、いきなり病院を受診するのだけは避けましょう。麻疹に感染した状態で病院に行き、待合室で待っているだけで、周囲の患者さんに感染してしまうことがあります。まずは、疑わしい時には病院へ電話して、どのように受診すればいいか、確認して下さいね。

手伝っていただけるドクター募集

昨年6月に開業して、早いものでもう10カ月が経ちました。

 

最初の頃は、患者さんも少なくて、来院されたらすぐに診察室に入ってもらえていたのですが、最近は少し混んできて、夜間は30分前後お待ちいただくことも増えてきてしまいました。

 

ご迷惑をおかけしています。

 

完全予約制としているのですが、やはりお仕事終わりの17時以降は、早い段階で予約が埋まることもあり、、、

 

現在は、水曜と金曜が17時で終わっているので、その影響もあって、月曜・火曜・木曜の夜は混んでしまう状況です。

 

そこで、水曜と金曜の夜に診察していただける女性ドクターを募集しようと思います。

 

水曜か金曜、夕方5時から8時まで(最終受付が8時なので、終わるのは8時半頃になります)

 

一番の条件は、患者さんの話をしっかり聞いてもらえる方。総合病院だと、次々に患者さんを診ないといけない外来が多いのですが、そうではなくて、患者さんの質問を最初から最後までしっかり聞いてもらえるドクターを募集したいと思います。

 

協力していただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。