現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

予約システムについて

 http://obgyne.hatenablog.com/entry/2017/04/06/205518

 

開業に向けて、いろいろ調べているのですが、電子カルテ選びに続いて、予約システムについても、いろいろ調べています。

 

予約制のない病院だと、1時間待ち、2時間待ちは普通にあるので、それだとなかなか病院に足を運ぶのが大変になり、結局症状が重くなってから受診する、なんてことになりかねません。

 

もちろん、私自身が待つのが嫌いなので、できるだけ待ち時間を長くしたくない、という思いもあります。

 

 

そこで、予約システムをいろいろ検討しているのですが、多くのシステムが最初から会員登録を必要としているのです。

 

まだ継続して受診するかどうかもわからない段階で、いきなり会員登録というのはハードルが高いと思っています。

 

一番最初はとりあえず予約枠だけ抑えてもらって、継続して通院することになれば、改めて会員登録をする、という流れの方が自然ではないでしょうか。

 

そして、IDとパスワードの設定、、、

 

もちろん、会員登録なんですから、そういった設定が必要なのはわかりますが、私自身、いろんなサイトを利用する中で、パスワードの設定にうんざりしています。

 

みなさん、パスワードってどうしてますか?

 

おそらく、どうでもいいサイト登録であれば、適当に1111とか9999とかにしてると思うんです。

 

でも、たまに数字だけじゃなくて英語も混ぜろとか、下手したら大文字と小文字を使え、なんて条件まで出てきて、パスワードが多種多様になってきています。

 

そのため、私が患者の立場だったら、IDとパスワードの設定を要求されるだけで、そっと画面を閉じます。

 

10個近い予約システムを検討しましたが、ほとんどが最初からIDとパスワードを要求するシステムばかりで、こちらの希望とは合いませんでした。

 

今のところ、2つだけ希望通りのシステムを見つけました。

 

1つ目は、毎回名前とメールアドレスを入力して、予約を取るシステムです。

 

メールアドレスを登録することで、予約完了メールや前日に受診お知らせメールが届き、そのメールの中にワンクリックで予約キャンセルできるリンクが貼ってあります。

 

これであれば、IDもパスワードも不要。簡単に予約できます。

 

毎回メールアドレスを入力するのが大変だと思うのですが、予測変換などで簡単にアドレスが出る設定であれば、そこまで負担ではないのかな、と思っていますが、果たして皆さんはメールアドレスの入力は大変でしょうか、、、

 

もう1つのシステムは、一番最初は電話番号の登録だけで、予約が取れます。あとは受診してもらった時に診察券を渡すので、診察券番号と誕生日だけでマイページにログインできますし、マイページをブックマークしておけば、次からはブックマークしたマイページから予約取得も変更も簡単にできます。

 

かなり悩んだ結果、やっと2つに絞られたのですが、最後の2つが本当に迷います。

 

みなさんのご意見、何かありましたら、コメント欄までお願いします。

 

 

電子カルテ選びについて

 http://obgyne.hatenablog.com/entry/2017/04/06/205518

 

先日、開業の決意を書かせていただきましたが、その後もいろいろ準備を進めています。

 

今は、電子カルテ選びをしているのですが、いくつも電子カルテ会社があって、なかなか難しい選択です。

 

 

電子カルテにすることで、カルテ記載の時間は短くなりますし、検査や処方に対するお会計も自動計算されるため、患者さんの「待ち時間」が圧倒的に短くなります。

 

また、過去のカルテも簡単に遡ることが出来るので、前回の採血はいつしたのか、その結果はどうだったのか、すぐにわかりますし、1年前に処方された薬が調子良かった、と言われれば、その時の処方とカルテもすぐに確認することができて、非常に便利です。

 

 

その分、ゆっくりと疑問に思っていることを話していただけるので、電子カルテは本当にクリニックの中心になる存在です。

 

今のところ、5社ほどデモンストレーションをお願いしていて、この中から選ぶことになると思いますが、アレが出来る電子カルテもあれば、コレが出来る電子カルテもあり、目移りする日々です。

 

迷ってはいるのですが、新しいシステムをいろいろ知ることができて、楽しみながら悩んでいます。

 

そうは言っても、時間も限られているので、1〜2週間以内には結論を出したいと思います。

 

また、開業先もそろそろ決まりそうなので、決まり次第、ブログに書きたいと思います。

デリケートゾーンの痛い出来物について

外来によくこられる病気の1つが

 

デリケートゾーンの出来物

 

です。

 

 

その多くは、いわゆるニキビのようなものであったり、毛穴にばい菌が入って腫れる毛嚢炎であったり、ほっておいても治るものが多いのですが、中には検査・治療が必要なものもあるので、今回はそれらについてまとめてみたいと思います。

 

まず、その出来物が痛い場合に考えられるのは、

 

ヘルペス

 

バルトリン腺膿瘍

 

があります。

 

 

ヘルペス

 

いわゆる性病の一種です。

 

感染してから1週間前後で症状が出てくることが多いのですが、かなり時間が経ってから症状の出ることもあるので、いつ感染したか厳密にはわからない、とも言えます。

 

飲み薬と塗り薬で治療し、1〜2週間で治りますが、初めて症状が出ると、かなり痛みが強くなることがあり、飲み薬ではなく、点滴治療が何日か必要になることがあります。

 

一度治療しても、わずかにヘルペスは体内に残ってしまいます。そのため、体調を崩したり疲れたりすると、免疫が落ちて再発することが多いです。

 

再発時は、デリケートゾーンの違和感から始まることが多いので、その段階で薬を飲み始めれば症状を軽く抑えることができます。

 

あまりに何度も再発する時には、治療薬を毎日飲み続けることで、再発リスクを下げることもできます。およそ半分の方は全く再発しなくなる治療方法なので、繰り返して辛い方は相談してみてください。

 

 

バルトリン腺膿瘍

 

バルトリン腺という分泌物を出す所があるのですが、そこが詰まってしまって腫れることがあります。親指の先くらいの大きさから、ゴルフボールの大きさ以上に腫れることがあり、中にばい菌が入らなければ違和感で済むのですが、ばい菌が入ってしまうと、かなり痛くなって座るのも辛くなります。

 

腟の出口で、お尻の穴に近い方の部分の左右どちらかが大きく腫れているとバルトリン腺のことが多いです。

 

治療としては、中に溜まっている液体を針で刺して抜くことと、ばい菌が入っている場合には、抗生物質を飲んでもらうことになります。

 

何度も繰り返す場合には、麻酔をして

 

開窓術

 

という、液体の通り道を作る手術をすることもあります。

 

 

以上が

 

 

痛みを伴う出来物で考えられる病気です。

 

 

どれも婦人科を受診してもらえらば、診るだけで診断が付くことが多いので、心配なことがあれば受診してみてくださいね。

UFOに連れ去られた話

お題「誰にも信じてもらえない体験」

 

これは私が中学生だった時のお話です。

 

かなりショッキングな内容が含まれますので、心臓に持病をお持ちの方は、十分覚悟の上でお読みください。

 

 

あれは、私が中学三年生の頃でした。

 

当時、私は受験のために近所の塾に自転車で通っていました。

 

その日も、いつものように塾に行き、夜9時過ぎに授業が終わったので、1人で自転車で帰っていました。

 

すると、前の方の上空に小さくて白い点が3つほど浮かんでいるのが見えました。

 

気のせいかな、と思って自転車を漕いでいると、どんどんその白い点が近づいてくるのです。

 

何日か前にUFO特番を見たばかりの私は、宇宙人との遭遇が頭に浮かびました。

 

まさか自分にもUFOが来てしまったか、と

 

 

そんなことを考えている間にも、白くて丸いものは真っ直ぐこっちに向かって来ます。

 

しかも、3つの丸いものが全く等間隔で一糸乱れず向かってくるのです。

 

これは自然界のものではない、何か人為的なもの。

 

そう!UFOに違いないっ!!!

 

グングン近づいて来た物体は、ついに私の頭上にまで到達しました。

 

思わずブレーキをかけて自転車を止めると、何とその物体が私の真上で止まったのです!!

 

うわぁ!!!

 

まばゆい光に包まれて、私はUFOに吸収されるんだ!

 

父さん、母さん、今までありがとう、、、

 

 

・・

 

・・・

 

あれ、オカシイな

 

白い点が全く動かないし、まばゆい光も全然出てこないぞ

 

ん?

 

あ、あれは、ひょっとして!

 

 

f:id:obgyne:20170414184633j:image

 

 

そう!

 

あの電線の途中にある、あの白い丸だったんです、、、

 

だから、一糸乱れず近づいて来たんだ、、、

 

だから、自転車止めたら、そっちも止まったんだ、、、

 

「うわぁ!!!」と声をあげて自転車を止めた私の横を、訝しげに通り過ぎて言ったオジさん、私はこんなに立派になりました。

 

 

 

ちなみに、この白い丸、正式名称は

 

玉碍子(たまがいし)  

 

と言って、片方の電柱が漏電した時に、もう一方の電柱に伝わるのを予防するための絶縁体だそうです。

 

 

以上、私がUFOに連れ去られ(そうになっ)た話でした。

 

 

 

 

広島の学会に行って来ました

日本産科婦人科学会という産婦人科専門医の先生であれば皆さん入っている学会があるのですが、その学術講演会が今年は広島で開かれました。

 

毎年一度は全国各地で総会が開かれ、様々な先生が経験した症例や、最先端の医療について発表される、とても楽しいイベントです。

 

東京から広島まで4時間、遠かった、、、

 

でも、やっぱり行った甲斐がありました。

 

いろんな先生が治療法を工夫していて参考になることがとても多かったですし、自分の治療方針が間違っていないことも確認できて有意義な時間を過ごせました。

 

せっかく広島まで行ったので、厳島神社まで足を伸ばして、開業祈願をしてきました。

 

正直、普通の神社に行く気持ちだったのですが、中に入った瞬間、空気が澄み渡っていて、とても荘厳な雰囲気で、足を伸ばして良かったと思います。

 

お好み焼きと穴子飯を堪能し、帰路につきました。

 

こういう機会でもないと、なかなか地方に行く時間がないので、学会は楽しみです。

 

エネルギーをもらえたので、また明日から頑張ります!