現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

ニキビ治療薬にはご注意を

婦人科にニキビの相談がメインで来られる方はあまりおられないのですが、ピルの相談と一緒にニキビの相談を受けることがあります。

中には、ニキビ治療薬を個人輸入している、と言う方もおられたので、今回は海外のニキビ治療薬について少し説明したいと思います。


ニキビの治療として有効なものであっても、妊娠中に使ってしまうと問題になってしまう薬があるのです。

それは、

アキュテイン


という薬です。

アキュテインというのは商品名なので、他の商品名としては、ロアキュテイン、ソトレット、アムネスティーム、クララビス、イソトロレン、アクノティンという名前が挙げられますが、これらはすべて


イソトレチノイン


という成分が入っているのです。

ニキビの治療薬としてはかなり優秀で、海外ではもっとも使われているニキビ治療薬の一つです。

ただし、このイソトレチノインという成分は、催奇形性といって赤ちゃんに影響を与える物質として、妊娠を考えている方は使ってはいけない薬になっているのです。

妊娠中にイソトレチノインを使用することで、頭蓋・顔面(耳が無かったり、顎が非常に小さくなったり)、胸腺異常、中枢神経の奇形、心奇形などが起きる可能性があるのです。


そのため、海外では、毎月妊娠検査薬で陰性なのを確認した上で使わないといけない薬になっています。


そのことを知らずに海外から個人輸入をして使っている方がいるので、厚生労働省からも注意喚起が出されています。


www.mhlw.go.jp



また、皮膚科の先生が個人輸入して患者さんに使っている可能性もあるため、もしニキビ治療薬を使っている方がいましたら、その薬がどういった薬なのかはしっかり調べた方がいいと思います。


ちなみに、ディフェリンゲルというニキビの薬も、新たに保険で処方されるようになりました。

こちらは、動物実験で経口投与により催奇形性が認められましたが、経皮投与=皮膚に塗るだけであれば、催奇形性が認められなかったため、妊娠に気付かないで使用してもリスクはほとんどないと言えます。

ただ、比較的新しい薬ですので、あえて妊娠がわかってから使うのは避けた方がいいでしょう。


以上、ニキビに対する薬と妊娠について説明しました。

普段から使っている薬にも中止しなければならない可能性もあるため、皮膚科の先生に妊娠の相談はしておくことをお勧めします。