現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

授乳中に痛み止めを飲んでもいいの?

先日、妊娠中に痛み止めを飲んでいいのかどうか書いたのですが、今回は授乳中の痛み止めについてまとめてみたいと思います。


妊娠中に比較的安心して飲める鎮痛剤として、アセトアミノフェンがあるのですが、これは授乳中も同じで、比較的安心して使ってもらえる薬です。

授乳中に内服した薬が母乳内に移行する確率はとても低い薬が多く、アセトアミノフェン自体も母乳に移行する量はとても少ないと言われています。

また、イブプロフェンという痛み止めも、母親の内服量の0.0008%が母乳に移行する、という論文もあります。


ロキソニンという商品名で有名なロキソプロフェンナトリウム水和物も、動物実験では乳汁中に検出されますが、ヒトでは乳汁中に移行しないと言われています。


以上の事より、妊娠中には使いにくかった鎮痛剤も、授乳の時期になれば比較的使いやすくなってくるので、乳腺炎や頭痛など、痛み止めが必要であれば、遠慮なく受診してくださいね。