現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

エコーゼリーの温め方

今回はちょっとしたクリニックの備品について書いて見たいと思います。

 

開業に当たって、いろんな備品を購入したのですが、いろいろ調べていて思ったことは、

 

高い!!

 

ということ。

 

「医療用」と名前が付くだけで、無駄に高いものがとても多いのです。

 

例えば、診察台という診察のためのベッドが定価7万円で、販売価格が4万円、、、

 

定価の意味は??

 

一見、販売価格が安く感じますが、何の変哲もないタダのベッドが4万は高すぎます。

 

楽天で似たようなものを探せば、2万以下で買えたりします。

 

 

幸い、以前のクリニックを引き継いだので、ベッドは新しく購入せずに済んだのですが。

 

 

 

また、総合病院に勤めていた頃は、手術器具が定価800万円のところ、今回は特別に280万円で!なんて訳のわからない世界を見てきました。

 

 

そんなわけで、医療用と名のつくものは無駄に高い、という考えが刷り込まれているのです。

 

 

というわけで、ブログタイトルにもあるように、エコーゼリーを温める器具の話に入ります。

 

エコーをする時にゼリーを使うのですが、夏はまだしも、冬になってくると冷えたゼリーを使うのは、とても申し訳なくなってきます。

 

ということで、エコーゼリーを温める機械を買おうと思ったのですが、やはり高いっ!

 

 

 

ゲルウォーマー GW-250 /8-4842-01

ゲルウォーマー GW-250 /8-4842-01

 

 

こういうものに入れて温めるのですが、ただ単に温めるだけの筒が2万円もします。

 

 

あり得ない、、、、

 

 

というわけで、いろいろ探して見つけました!

 

 

 

まずは、こちら、哺乳瓶を温める機械です!

 

産婦人科っぽいですよね!

 

しかもオシャレで4000円代!

 

・・・ただ、コンセント接続なんです。しかも、しっかりしたモノなので、それを置く場所が必要です。

エコーの近くに置いて、サッと使える感じではないです、、、

 

 

ということで、改めて探してみると、ありました!

 

こちらっ!

 

 

 

 

 

カメラレンズの結露予防に使うウォーマーが、何と1200円!!!

 

 

これしかないっ!

 

 

ということで、早速購入しました。

 

f:id:obgyne:20171109221119j:image

 

どうでしょうか。

 

ちょうどゼリーを使う部分だけ温められる優れもの。

 

しかも、USB接続できるので、エコー本体に接続して、そのまま近くに置くことができるんです!

 

 

危なく2万円もする筒を買うところでした。

 

 

ちなみに、実はこれを買う前に購入したものがあります。

 

それがコチラ

 

 

 

 

 

脱毛の時に使うタオルを温めるのと兼用して使おうと思って購入したんです。

 

そして、使って見たところ、

 

 

あつっ!

 

 

庫内温度60〜70度って書いてありました、、、お風呂が42度くらいなんだから、そりゃ熱いですよね、、、

 

タオルはすぐに冷めますけど、ゼリーはなかなか冷えません。

 

ということで、こちらは脱毛専用機器になったのでした。めでたしめでたし。