現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

妊娠とボトックス注射について

美容整形がメジャーになるにつれ、妊娠に気づかずに美容整形を受けてしまった、というお悩みが増えてきているようです。


そこで、今回は美容整形の中でも比較的手軽に受けることができる

ボトックス注射


について説明したいと思います。



まず、ボトックス注射というのは、ボツリヌス菌という細菌が作り出す毒素から作られている薬です。


ボツリヌス菌といえば、赤ちゃんがハチミツを食べるとダメ、という話の時に出てくるアレですね。

ハチミツにはボツリヌス菌という細菌が含まれていることがあり、大人であればそれほど問題にはならないのですが、赤ちゃんの場合には命に関わる可能性があるため、赤ちゃんはハチミツを食べてはいけないのです。


そんなボツリヌス菌が作り出す毒素ですが、局所にごく少量注射することで、しわが改善したり、筋肉が小さくなることがわかっています。
そのため、目じりや額のしわに対して注射することで若返ったり、えらの筋肉に注射することで、小顔になる効果が期待できます。


痛みもそれほどないので、気軽に注射をする人が増えてきている、とのことですが、それは世界的にも同じ傾向。
そして、注射をした後に、妊娠に気づいた、という人も増えてきているようです。


そこで、ボトックス注射と妊娠に関する論文を調べてみました。



まず、お母さんの体内に入った薬が赤ちゃんに到達するのかどうか、という話ですが、胎盤には赤ちゃんを守るためのバリアの役割があります。
もの凄く小さいものは、そのバリアを通り抜けてしまうのですが、ある程度の大きさであれば、胎盤のバリアにブロックされて、赤ちゃんには影響がでない、という理屈ですね。

では、胎盤はどの程度の大きさまでブロックできるのか、というと

分子量1000

を超えてくると、ほとんどブロックできると言われています。


では、ボツリヌス菌の毒素の分子量はどれくらいかというと


150000!!!


実に15万の分子量があります。胎盤のバリアから比べると、とてつもなく大きな物質なのです。

このことから、理論上はお母さんにボトックスを注射しても赤ちゃんには影響が出ない、と考えられます。



次に海外のデータになりますが、ボトックス注射の動物実験のデータです。

FDAというアメリカの公的機関が発表している、ボトックスの製品情報内にデータがありました。

https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2011/103000s5236lbl.pdf


妊娠中のウサギやネズミの器官形成期(赤ちゃんに対する薬の影響が最も出る時期)に2回ボトックス注射をしました。

それぞれ、4単位/kg、8単位/kg、16単位/kgという量を投与したのですが、8単位・16単位では赤ちゃんの体重減少や骨格異常が出たものの、4単位では影響がありませんでした。

この「4単位/kg」というのは、人間に換算すると、540単位にもなります。

おそらく美容整形では、10単位、20単位程度の投与と思われるので、まず問題ない投与量と言えるでしょう。


また、0.25単位/kgを13回投与した妊娠中のウサギでも問題はなかった、というデータもあります。

これは、人間に換算すると400単位以上になるので、やはり美容整形では問題にならないレベルでしょう。



次に、実際に妊娠に気づかずにボトックス注射をしてしまった人たちのデータです。


http://www.ijwdonline.org/article/S2352-6475(17)30005-9/fulltext

こちらの論文によると

Hooft et al. (2015)) reported the administration of an intrasphincteric injection of botulinum toxin A at 14 weeks of gestation with no adverse fetal outcomes and otherwise healthy term deliveries.

妊娠14週でボトックス注射をして問題なかったという報告や、


Wataganara et al. (2009)) reported a similar case where botulinum toxin A was injected at 33 weeks of gestation to treat persistent achalasia and subsequent malnutrition.

妊娠33週でアカラシアという病気の治療のためにボトックス注射をして問題なかったという報告、


Robinson and Grogan (2014)) reported on the safe administration of onabotulinum toxin A at 18 weeks of gestation to treat migraine prophylaxis in a woman with refractory migraine headaches. No adverse effects were reported in the infant who was followed for 6.5 years (Robinson and Grogan, 2014).

片頭痛に対して、妊娠18週にボトックス注射をして、子供を6年半追跡しても問題なかった、という報告


Bodkin et al. (2005)) reported two cases of inadvertent botulinum toxin A injection during the first trimester of pregnancy in patients who were treated for cervical dystonia. One patient who had a prior history of miscarriages had a miscarriage at 10 weeks at which time she was noted to have a twin pregnancy (Bodkin et al., 2005).

一方で、筋緊張症に対して妊娠初期にボトックス注射をした2名のうち、1名は双子を妊娠していて、妊娠10週で流産した、という報告もあります。

Newman et al. (2004)) reported the case of a woman with severe cervical dystonia who was treated with botulinum toxin injection throughout four consecutive pregnancies. No complications were reported with the delivery or health of any of her four children (Newman et al., 2004).

こちらの報告では、同じく筋緊張症に対してボトックス注射をしていた方が、妊娠中も注射を継続し、4人のお子さんを出産したものの、何も問題はなかった、とされています。


Two cases of cosmetic use of botulinum toxin were reported by de Oliveira Monteiro (2006)) in two women at 6 and 5 weeks of gestation with no fetal adverse events.


こちらは、妊娠5週と6週にそれぞれボトックス注射をした2名の方は、2人とも元気な赤ちゃんを出産した、という報告です。

A 2006 survey of 900 physicians that was conducted by Morgan et al. (2006)) ascertained that 12 physicians had experiences with incidental botulinum toxin injection in 16 patients who were pregnant. Only one patient with a history of spontaneous abortions experienced a miscarriage after injection of botulinum toxin (Morgan et al., 2006). There is concern that high doses (>600 U) of onabotulinum toxin is associated with cases of systemic weakness (Lee et al., 2013). However, doses that are used in cosmetic procedures are usually less than 100 units.

16人の妊婦さんが妊娠中にボトックス注射をしましたが、そのうち1名だけが流産しているものの、その方は600単位のボトックス注射をしており、美容整形で注射する量に比べれば、相当量が多い方でした。



以上のように、妊娠中のボトックス注射に関しては、いくつもの報告がありますが、



胎盤を通過できないような分子量の大きさ


であったり、


明らかに赤ちゃんに悪い影響が出ると結論づける論文はないこと


などから、妊娠に気づかずに美容整形でボトックス注射を受けていても、ことさら心配することはない、と言えるでしょう。