現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

更年期症状と子宮摘出について

子宮筋腫や子宮腺筋症で子宮を取らないといけなくなった時に聞かれるのが

 

更年期症状は大丈夫ですか?

 

という質問です。

 

子宮を取ってしまうと生理が無くなるので更年期症状を心配されるんだと思います。

 

中には、子宮をとった友人が更年期症状で悩んでいるので、と相談されることもあります。

 

しかし、結論から言うと


子宮を取っても更年期症状は出ません


なぜなら、更年期に関わるホルモンは卵巣から出ており、子宮からは何のホルモンも出ていないからです。

 

もちろん、子宮がなければ生理は来ませんから、閉経したような状態にはなります。

 

それでも、卵巣は機能し続けるため、子宮を取ったことによる更年期症状というのは出ない訳です。

 

子宮を取ったことで更年期症状が出た、という人がいれば、一つの理由としては「たまたま更年期症状が出る年齢だった」ということ。

 

そしてもう一つは、子宮を取る喪失感が体の不調に繋がった可能性はあります。


しかし、医学的には子宮を取ることで更年期症状は現れないので、子宮を取ることと更年期症状の関係で悩まれている方は心配しないでくださいね。