現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

クラミジアと淋菌について

obgyne.hatenablog.com

クラミジアという性病については、腹痛の原因になったり、放置しておくと、不妊症の原因になったりする、ということは以前のブログでも書いてきました。


そのクラミジアと同じくらい問題になってくるのが

淋菌

という性病です。


クラミジアに比べれば確率は低いのですが、クラミジアと同様に性行為によって感染し、腹痛の原因になったり、オリモノがふえる原因になったり、不妊症の原因にもなったりします。



クラミジアが陽性だった人の1割には淋菌も感染していた、というデータもありますので、性病が心配だからといって、クラミジアだけチェックしていれば安心、という訳にもいきません。

また、クラミジアに感染した人の9割以上は無症状であるため、特に自覚症状がないから、といって安心できるものでもないのです。


疑わしい時には、是非検査を受けましょう。


もしクラミジアが陽性に出た場合には、当然ながら相手の人も同時に検査をして治療しなければなりません。

せっかく自分が治しても、相手が治っていなければ、またもらってしまうからです。



実際の治療ですが、クラミジアは飲み薬、淋菌は注射で治すことになります。

時折、クラミジアと同じ飲み薬で淋菌も治せる、とほかの病院で言われた患者さんが来られることがありますが、クラミジアの飲み薬では効かないタイプの淋菌が増えてきているので、基本的には淋菌とクラミジアの治療薬は全く違うものになります。



どちらの性病も症状があれば治療する気になると思うのですが、全く症状が出ないこともあるが怖いところですね。


将来、不妊になってしまうリスクを考えると、疑わしい時には出来るだけ検査を受けるようにしましょう。


検査自体は、内診が必要になりますが、腟の奥の方を綿棒で拭うだけの検査ですので、痛みはほとんどありません。

また、婦人科医にとって「性病」はとてもありふれた病気ですので、「性病検査=はずかしい」という心配も全くいりません。


何か不安なことがあれば、まずは婦人科で相談してみてくださいね。