現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

日本で一番暑い街

先週末は、子供の「行ってみたい!」という鶴の一声で


向井千秋記念子ども科学館


に行ってきました。


場所は


館林市



そう、真夏には全国ニュースで


38度


とかいう、ありえない気温をたたき出す街です。


そのため、脳内では


館林=暑い


というイメージが出来上がっているので、少し足が重かったのですが、まだこの時期はそこまで暑くはありませんでした。


(日なたを歩いていると、汗がにじみ出てくるので、頑張って日陰を探しながら歩きましたが・・・)




というわけで、


向井千秋記念子ども科学館


に行ってきたのですが、いろんな実験を体験できたり、とても大きなプラネタリウムが見れたり、子供は大満足だったようです。



個人的に一番面白かったのは


大西飛行場 - Wikipedia


の紹介でした。


大西勇一さんという一代で財を成した人が、「庭で飛行機を飛ばしたい」という理由から広大な土地を買って飛行場を作ってしまい、最終的には国から認められる飛行場になった、とのこと。


しかも、個人で飛行場を作り始めたせいか、滑走路が一般道路を横切っており、その交わる部分には遮断機が設置されていた、なんて今では考えられないような状況だったようです。


残念ながら採算が合わなくて潰れてしまったようですが、そのような飛行場があった、ということを知れて、とても楽しかったです。






もし、向井千秋記念子ども館に行かれることがありましたら、食事は近くのループカフェレストランがおススメです。

www.tripadvisor.jp


店内の雰囲気も落ち着いていて、前菜、メイン、デザート、焼きたてパン、1ドリンクがついて1800円くらい、メインの料理も新鮮な野菜たっぷりで、とてもヘルシーでした。


ちなみに、向井千秋記念子ども館から、おススメのループカフェレストランまでは、歩いて5分ちょっとなのですが、その間に館林市役所があり、そこには


日本一暑いまち館林市


という横断幕があります。


本当に暑くなってから見るとウンザリしそうなので、またそこまで暑くない内に、一度行ってみてくださいね。

広告を非表示にする