現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

妊婦健診の大切さ

妊婦健診は、赤ちゃんの様子を超音波で診ることができるので、私自身好きな検査でもあります。

 

お母さんもニコニコしてくれるし、お父さんも一緒に来てもらえれば、「おぉ」と感動してもらえて、お産の次に幸せな空気が流れます。

 

それでも、中には「妊娠に対する不安」であったり、「赤ちゃんを見ることに対する不安」であったり、金銭的な問題であったり、理由は様々ですが、妊婦健診を一切受けないで、出産に臨むお母さんがいます。

 

お母さん自身の様々な合併症のチェックが出来ないことはとても危険なんですが、赤ちゃん自身のチェックが出来ないことも、とても危険になります。そこで、今回は赤ちゃんの奇形について書きたいと思います。

 

奇形の中でも、今回説明したいのは

 

心奇形

 

というものです。

 

 

これは、お母さんのお腹の上から超音波検査をすることで見つけることが出来るのですが、かなり細かい部分まで診ないと見つけるのが難しいものがあります。

 

専門的な言葉になりますが、

 

完全大血管転位症

 

 

総肺静脈還流異常症

 

という病気に関しては、産まれた直後に新生児科という赤ちゃん専門の先生に診てもらわないといけないため、出産する病院が限られてくるので、妊婦健診中に見つけないといけない病気です。

 

完全大血管転位症は、2000人に1人と言われている病気なので、滅多にないのですが、私自身、一度だけ妊婦健診で見つけて、新生児科医のいる病院へ紹介してお産してもらったことがあります。

 

ベストな病院でお産してもらい、何ヶ月かして、お母さんが元気な赤ちゃんを連れて来てくれた時は、産婦人科医として妊婦健診をやっていて本当に良かったと思えました。

 

 

次に、総肺静脈還流異常症に関しては、さらに確率が低く、見つけるのもとても難しいものです。研修や学会で何度も勉強してきましたが、本当に細かい部分まで診ないといけないので、妊婦健診の時には、とても気をつけている部分です。

 

超音波検査というのは、本当にいろいろな部分が映し出されるのですが、意識して見ないと見つけられない部分も非常に多いのです。

 

多くの異常は、比較的簡単に見つけられるのですが、今回説明した心奇形に関しては、なかなか見つけるのが難しいものなので、妊婦健診を受ける時には、そういった心臓の細かい部分まで診てもらえるかどうか、一度先生に確認してみるといいと思います。

 

 

何千人、何万人に1人の確率なので、まず滅多にない病気ですが、もしものことを考えると万全を期したいですからね。