現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

中絶手術について思うこと

時々、医師ではない方と話して驚かれることがあるのですが、我々医師と言うのは、医学部時代に全ての科を勉強し、卒業する時点で、何でも好きな科を選んでいいことになっています。

 

厳密には、医学部を卒業した後の2年間は全ての科を学ぶ期間であり、それが終わった時点で、自分が学びたい科を選ぶことになります。

 

そのため、医学部に入りさえすれば、何科の医師にでもなれるのです。

 

そして、何科を選んだとしても、途中で違う科に変わるのも自由となっているので、私自身が

 

「明日から脳神経外科医になる!」

 

と宣言すれば、私は脳神経外科医になるのです。

もちろん、知識や技術が伴わなければ、何の役にも立たないのですが、その医師が何科の医師であるかは、自己申告みたいなものなのです。

 

もちろん、その科の

 

専門医

 

であれば、何年も診察しないとなれないのですが。

 

では、私が卒業した時点で、なぜ産婦人科を選んだか。

 

それは、やはり妊婦さんはもとより、生まれてくる赤ちゃんの命を救える科だったからです。

 

おめでとうございます

 

と言える唯一の科だとは良く言いますが、その魅力はとても大きいのです。

 

 

そんな仕事の中で、どうしても避けて通れない、ツライ仕事が

 

中絶手術

 

になります。

 

 

もちろん、母体の健康を損なう病気があったり、いろいろな事情があって、諦めることになるのですが、避妊をしっかりしていなかった、妊娠するとは思っていなかった、などの不注意による中絶がとても多いのが現状です。

 

 

それでも、中絶希望の方が来られると、こちらとしてはその手術をするしか選択肢はないと思っています。

 

中絶の相談に来られた患者さんの中には、私の対応がとても淡白だと思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、実際に産んで、その先に何年も続く育児に私は1mmも関与することができないのです。

 

もちろん、産んでほしい気持ちはヤマヤマです。妊婦健診で、赤ちゃんが元気に動いているのを診るのは、本当に楽しい瞬間です。

 

でも、時折ニュースで虐待事件を見て心を痛めていると、本当に産むことだけが幸せなのかと、考えさせられるのです。

 

 

医学的に出産のリスクを考えている方であれば、持ちうる知識と経験をお伝えします。

その上で出産するかどうか決めてもらいたいと思います。

 

ただ、経済的理由であったり、父親となるであろう相手の問題であったり、プライベートな部分ばかりは関わることができません。

 

 

そこは、決断された方の意思を尊重するしかないんだと思っています。

 

 

 

中絶が無くなることはないと思います。

 

少しでも中絶が減ることが理想ではありますし、何より生まれてくる赤ちゃんが幸せな人生を送ってもらうことが、産婦人科医としての願いでもあります。

 

 

中絶を希望してこられる患者さんに対して、こちらも複雑な想いを抱いている、という話でした。

 

 

 

広告を非表示にする