現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

UFOに連れ去られた話

お題「誰にも信じてもらえない体験」

 

これは私が中学生だった時のお話です。

 

かなりショッキングな内容が含まれますので、心臓に持病をお持ちの方は、十分覚悟の上でお読みください。

 

 

あれは、私が中学三年生の頃でした。

 

当時、私は受験のために近所の塾に自転車で通っていました。

 

その日も、いつものように塾に行き、夜9時過ぎに授業が終わったので、1人で自転車で帰っていました。

 

すると、前の方の上空に小さくて白い点が3つほど浮かんでいるのが見えました。

 

気のせいかな、と思って自転車を漕いでいると、どんどんその白い点が近づいてくるのです。

 

何日か前にUFO特番を見たばかりの私は、宇宙人との遭遇が頭に浮かびました。

 

まさか自分にもUFOが来てしまったか、と

 

 

そんなことを考えている間にも、白くて丸いものは真っ直ぐこっちに向かって来ます。

 

しかも、3つの丸いものが全く等間隔で一糸乱れず向かってくるのです。

 

これは自然界のものではない、何か人為的なもの。

 

そう!UFOに違いないっ!!!

 

グングン近づいて来た物体は、ついに私の頭上にまで到達しました。

 

思わずブレーキをかけて自転車を止めると、何とその物体が私の真上で止まったのです!!

 

うわぁ!!!

 

まばゆい光に包まれて、私はUFOに吸収されるんだ!

 

父さん、母さん、今までありがとう、、、

 

 

・・

 

・・・

 

あれ、オカシイな

 

白い点が全く動かないし、まばゆい光も全然出てこないぞ

 

ん?

 

あ、あれは、ひょっとして!

 

 

f:id:obgyne:20170414184633j:image

 

 

そう!

 

あの電線の途中にある、あの白い丸だったんです、、、

 

だから、一糸乱れず近づいて来たんだ、、、

 

だから、自転車止めたら、そっちも止まったんだ、、、

 

「うわぁ!!!」と声をあげて自転車を止めた私の横を、訝しげに通り過ぎて言ったオジさん、私はこんなに立派になりました。

 

 

 

ちなみに、この白い丸、正式名称は

 

玉碍子(たまがいし)  

 

と言って、片方の電柱が漏電した時に、もう一方の電柱に伝わるのを予防するための絶縁体だそうです。

 

 

以上、私がUFOに連れ去られ(そうになっ)た話でした。

 

 

 

 

広告を非表示にする