現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

避妊に失敗した時、どうしますか?

アフターピルというのを聞いたことはあるでしょうか。

 

これは、避妊に失敗した時に、後から避妊の為に飲むピルのことです。

 

普段から避妊の為に飲む低用量ピルというのは、排卵を抑えることで避妊するのですが、このアフターピルというのは、

 

受精卵が子宮内膜に着床するのを予防したり、排卵を遅らせることで、受精後にも効果を発揮するお薬です。

 

できるだけ早く飲むのがいいのですが、72時間以内に飲めば8割以上の確率で避妊が期待できます。

 

アフターピルを飲んだ方がいいの?

 

そろそろ生理がくる時期だからアフターピルは必要ないんじゃないか、と思われるかもしれません。

 

しかし、本当にそろそろ生理が来るのか確信は持てますか?

 

基礎体温を付けていればわかりますが、もし基礎体温を付けていないのであれば、排卵が遅れてしまって、次の生理も遅れてくるかもしれません。

 

そうなると、やっぱりアフターピルを飲んでおけばよかった、という話になります。

 

そのため、基礎体温をしっかりつけて排卵の時期が確実にわかっている場合を除いては、アフターピルは念のために飲んでおいた方がいいのです。

 

 

副作用は?

 

アフターピルを飲んだことのある方は、どうしても副作用で吐き気が出ることを心配される方がいます。

 

というのも、以前までのアフターピルは、12時間あけて2回飲んでもらっていたのですが、5割の人に吐き気が出て、実際に2割の人が吐いていました。

 

ただ、最近のアフターピルは1回飲むだけで大丈夫で、吐き気が出るのは、2割程度、実際に吐くのは5%程度ですので、かなり副作用は楽になっています。

 

その後の生理はどうなるの?

 

アフターピルを飲んだ後の生理についてですが、8割以上の人は、生理予定日の前か2日後以内に生理がきます。95%の人は、生理予定日の7日後までに生理がきます。

 

もし、生理が予定より7日以上遅れたり、普段より軽い場合は、妊娠の可能性がありますので、検査を受けてくださいね。



 

 

広告を非表示にする