現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

ピルってどんな種類があるの?

生理痛の為にピルを飲んだり、避妊目的でピルを飲んだり、目的は様々だと思いますが、それぞれのピルにはどのような特徴があるのかまとめてみました。



保険適応で飲めるピルとしては、

ルナベルLD
ルナベルULD
ヤーズ

避妊目的など、自費でピルを飲む場合は

トリキュラー
マーベロン

などが挙げられます。

ルナベル

ルナベルLDとは、もともと「ルナベル」という名前で処方されていたピルです。

そのルナベルLDから、ホルモン量を変えたものが2013年から発売され、新しく発売されたものが、ルナベルULDというものです。

新しく発売されたものが、ULDという名前になったため、自動的に元からあったルナベルがルナベルLDという名前に変わりました。


大きな違いは副作用です。

ULDになることで、嘔気の副作用が軽減された代わりに、不正出血の確率は上がりました。

ですので、嘔気を軽く済ませたいならULD、不正出血を少なくしたいならLDを選ぶことになります。

また、確実なデータは出ていませんが、ULDの方がホルモン量が少ないため、理論上はULDのほうが血栓症という副作用は起きにくいと考えられています。

ヤーズ

そもそもピルというのは、EとPという2種類のホルモン剤を合わせて作られています。

そして、Pには様々な種類があるのですが、どれもわずかながら男性ホルモンのような作用を持っているのです。

ただし、このヤーズは、男性ホルモン作用を抑える働きを持っています。

男性ホルモンを抑えるということは、ニキビを抑える効果につながります。

実際に海外では、ニキビに対する治療薬としてヤーズが認められています。

そのため、ルナベルで肌荒れがひどくなった、という方はヤーズを試してみましょう。

トリキュラー

こちらは、1シートに含まれる錠剤の中で、ホルモン量が段階的に変化し、より自然な形に近づけようとしているため、不正出血が比較的少ないと言われています。

マーベロン

こちらは、1シートに含まれる錠剤がすべて同じホルモン量となっています。そのため、やや不正出血が多くなりますが、男性ホルモン作用が低いため、ニキビができにくいメリットがあります。


肌荒れ、という点ではルナベルよりヤーズに軍配が上がりましたが、同様にトリキュラーよりマーベロンの方が肌荒れにはいいでしょう。


副作用に関しては、上記のような違いがありますので、ピルの種類を選ぶ際に参考にしてみてください。


なお、保険で飲めるルナベル・ヤーズと、自費で飲むトリキュラーマーベロン、単純に毎月の負担が違うだけではありません。


保険が使える、ということは、万が一、その薬で副作用が出たときに、その治療に要したお金はすべて国が払ってくれる、ということなのです。

滅多に副作用は出ませんが、重い副作用が出たときのことを考えると、保険で飲めるのであれば、保険適応のピルを飲んでおきたいですね。

避妊目的でのピルは保険適応になりませんが、生理痛で悩んでいる方は保険適応で処方できますので、受診して相談してくださいね。


ちなみに、ルナベルLDにはフリウェルというジェネリックが発売されました。

金額的には、1ヶ月で1000円ほど安くなりますので、ルナベルLDで調子がいい方は、フリウェルに変えてみてもいいと思います。

広告を非表示にする