現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

コンジローマっていうイボができました

陰部に出来物ができた、という患者さんが時々いらっしゃいます。


毛嚢炎という、毛穴にバイ菌が

入ったものだったり、粉瘤といって

皮脂が袋状にたまるものの事が多いの

ですが、たまに


コンジローマ


というイボができる方がいます。


今回は、このコンジローマについて説明

したいと思います。

コンジローマの原因

HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染することで発症します。

HPVにはどうやって感染するの?

主に性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染しますが、乳幼児や性行為のない高齢者に
みられることもあります。

直接接触することで感染するので、入浴中に親のコンジローマの部分に接触して
子供にうつってしまうことも稀にあります。

このコンジローマ、だれにうつされたの?

HPVに感染してから、実際にイボができるまでは平均して3カ月かかりますが、3週間で出来る人もいれば8カ月経ってから出る人もいて、いつ感染したのかわからないことがほとんどであり、その期間に複数の人と性行為をしていれば、犯人を見つけることは困難です。



どんな症状があるの?

まれに、痒みを訴えて受診される方はいますが、基本的にコンジローマは症状が何もないことが多いです。

どうやって治療するの?

塗り薬による治療と、外科的な治療があります。


塗り薬はべセルナクリームという薬を使うことが多いです。

これは、やや強めのお薬で、正常な皮膚に付くと赤くなってしまうため、できるだけコンジローマだけに塗るようにすることと、毎日使うのではなく2日に1度の使用にとどめる、しっかり洗い流すなど、注意点がいくつかあります。

こちらを最低でも2週間、最長だと16週間は使うことになりますが、あまり治療が長引くようだと、外科的治療をおススメします。


外科的な治療としては、液体窒素で凍らせたり、電気メスで焼いたり、レーザーで焼いたりと、病院によって様々な方法があります。

ちゃんと治療したら再発はしないの?

塗り薬や外科的な治療でイボがなくなったとしても、3カ月以内に約3割の人が再発します。

半年ほどしてから再発する方もいますが、1年間再発しなければ完治と言えます。




コンジローマ自体、早めに治療すればするほど、治療期間が短くて済みますし、必ず治せる病気です。


自然治癒することもありますが、あまり数が多くなってから治療しようとしても大変ですので、心配なイボがあれば、早めに受診してくださいね。