現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

子宮外妊娠で死ぬこともあるんです

ここ最近、子宮外妊娠の手術が続いているので、今回は子宮外妊娠について説明したいと思います。

数年前から異所性妊娠という呼び名に変わったのですが、子宮外妊娠のほうがイメージがわきやすいと思うので、あえて子宮外妊娠という名前で説明します。


文字通り、子宮の中ではなくて、子宮の外に妊娠してしまうんですが、確率的には1%程度です。

一度子宮外妊娠を経験している人は、その何倍にもなってしまうので注意が必要です。

また、自然妊娠ではなくて、体外受精でも子宮外妊娠になる確率は上がってしまいます。先日、子宮外妊娠で手術した方も2人続けて体外受精での妊娠の方でした。


子宮の外に妊娠するといっても、だいたいは卵管という子宮につながっている管に妊娠することが多いです。

なので、シンプルな手術としては、そちらの卵管を切除することになります。

多くの病院では腹腔鏡で手術できるかと思いますが、いろんな条件を満たせば、卵管を残せたり、そもそも手術をせずに経過を診ることもできます。


子宮外妊娠が命に関わる場合というのは、妊娠している部分がどんどん成長して、最終的には破裂してしまった時、お腹の中に大出血を起こしてしまって、非常に危険な状態になるのです。

ジワジワ出血する場合は、何となくお腹の痛みが出てきて、受診してみたらお腹の中が血の海で緊急手術ってことが多いんですが、実際どの程度のスピードで出血するかなんて、誰にもわからないのが正直なところ。


http://obgy.typepad.jp/blog/2012/02/岡崎市民子宮外妊娠訴訟-地裁資料閲覧してきました.html


上のように訴訟になった方は、きっと予想以上のスピードで出血してしまって、救急車も呼べなかったんだと思います。


もちろん、そこまで激しい出血が起きることは非常に稀ではありますが、稀だからこそ我々としてはとても怖い病気であったりします。


市販の検査薬で陽性に出ました、と受診されて、診察しても子宮の中に赤ちゃんの袋が見えなかった時は、本当に胃が痛くなりますね。

まぁ、ほとんどの場合は、まだ受診が早すぎて袋が見えないだけなんですが、こちらの頭の中は子宮外妊娠って文字で一杯になります。

かといって、そういう方みなさんに子宮外妊娠の可能性が高くて危険とまで説明するのも言い過ぎな訳で、少しこまめに外来に通ってもらうことになるわけですが。


なので、たまに生理がなかなかこなくて、検査薬調べたら陽性だったから受診。

診察してみたら既に妊娠12週超えって方とか診ると、ほんと子宮外妊娠じゃなくてよかったなぁ、と思う訳です。

ほとんどの場合は、子宮外妊娠で破裂してもそれほど大事にはならないんですけど、まぁそれは結果論ですからね。


なので、多くの方は生理が遅れた時に妊娠してるかどうかが一番気にされると思うんですけど、医学的には子宮内か子宮外かが一番心配なわけで、もし妊娠の可能性があるなら、生理が遅れた時にあまり悠長にかまえないようにしてくださいね。

広告を非表示にする