現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

冷え性を漢方で治しましょう

今回は、産婦人科に限った話ではなく、女性全般に関係する、


冷え性


について説明したいと思います。

とはいっても、冷え性の特効薬ってなかなかないんですよね。冷え性にはコレっていうのが決まっていないので、その人の体質に応じて漢方薬を処方することが多いのです。なので、自分の体質に合わせて、それぞれの漢方薬を試してもらうんですが、受診するのも手間だという方に向けて、今回はネットでも購入できる漢方を中心に説明したいと思います。



まずは、お腹が冷えるんだけど、手足はほてって、唇が渇きがちなアナタ!

そんなアナタには、

温経湯


という漢方がおススメです。


これは、生理不順にも処方するので、冷え性・生理不順という方は一度試してみてはどうでしょうか。



続いて、冷え症で貧血傾向があり腰や脚が冷えやすい方、頭痛やめまいのある方には、

当帰芍薬散


という漢方がおススメ。



これは、更年期の方や生理痛の酷い方、切迫早産で使うお薬の副作用対策でも処方したりするので、婦人科では一番メジャーなお薬です。


なんとなく冷え性とか生理不順が気になるんだけど、婦人科に行くのってハードル高いなぁって方は、一度漢方薬も試してみてはどうでしょうか。