現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

ピル飲んでみたいけど、やっぱり血栓が心配なんです。

避妊目的だったり、生理痛がひどかったり、生理前に調子が悪くなったり・・・

そんな方におススメしているのが、いわゆるピルという薬なんですが、どうしても副作用を気にされて、二の足を踏む方が多いです。

なので、今回はピルの副作用の最も大きいものと言える

血栓症


というものについて、掘り下げてみたいと思います。



以前、ピルの血栓症はとても確率が低い、という説明をしました。


obgyne.hatenablog.com



今回は、その血栓症のリスクを上げる原因について説明したいと思います。


よくある原因としては、

肥満

喫煙

高年齢

片頭痛


があげられます。

肥満

BMIというのが基準になってくるのですが、試しにご自分のBMIを計算してみてください。


BMIというのは、体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)で計算できます。

身長は単位がmなので、160㎝の人は、1.6を掛けてくださいね。


それで、

BMI=25以上だと、血栓のリスクが2倍

BMI=30以上だと、血栓のリスクが5倍

にもなります。


喫煙


現在喫煙している人がピルを飲むと、血栓のリスクが2倍になると言われています。

また、35歳以上で1日に15本以上吸っている人は、心筋梗塞になるリスクも高くなるので、ピルは飲めないことになります。


高年齢


35歳以上では、血栓症のリスクが4倍、40歳以上では5倍になると言われています。

片頭痛


前兆を伴う片頭痛、具体的には、頭痛が来る前に目の前がチカチカしたり、見え方がおかしくなったりするタイプの片頭痛の場合には、ピルを飲んじゃいけないことになっています。



以上、比較的ケースが多いパターンを説明してみました。


上のケースに当てはまっている人は、ピル以外の治療法を考えるか、解決できる原因であれば、そこから解決していってくださいね。