現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

うがい薬は使っちゃダメですよ!

ついにインフルエンザが流行して

きましたね。


私自身、インフルエンザになったことは

ないんですが風邪は毎年ひいています・・・


風邪なんて薬飲まなくても自然に

治りますよ、って妊婦さんには言うん

ですが、実際自分が風邪ひくと、1日でも

早く症状をなくしたい!!

そう切実に思います・・・


風邪の完全な予防法を見つけたら、

ノーベル賞ものだって聞いたことが

ありますが、ほんとそれくらい風邪は

地味に痛いんですよね


外来なんて、ずっとしゃべり続けている

訳ですから、声がかれたら全く仕事に

なりません。


妊婦検診している時に、こっちが咳き

込んでたら

「ちょっと、風邪うつさないでよ」


っていう妊婦さんの冷たい目がささって

背中に変な汗をかいちゃいます。



なわけで、風邪の予防には極力気を使って

いて、仕事柄、手洗いはよくしています。

手洗いをしなかった学生時代に

比べれば、だいぶ風邪は引きにくく

なったような気がします。



あと、大事なのは「うがい」ということを

論文で知りました。


京都大学の先生が400人くらいを対象に

研究したのですが、何もしない群と、

水でうがいをする群と、うがい薬で

うがいをする群にわけたところ・・・

水でうがいをする群だけが風邪が

減ったのです。

しかも4割も!!!

これはもう水でうがいするしかありません!


今まで外来でもうがい薬を希望される

ことがあったのですが、

これからは水うがいを勧めたいと思います。



ところで、なぜうがい薬でうがいするのと、

何もしないのが同じなんでしょうね。

液体でのどのばい菌を流すことに

効果があるなら、うがい薬でも水と

同程度の効果はありそうなのに。



ここからはあくまで私個人の推測

なんですが、

常在菌


というのが関連しているのではないかと

思っています。



抗菌作用とかよく耳にしますが、人間の

体で無菌な場所なんてないし、逆に無菌に

したらいろいろ弊害が出るんですよね。

なぜって、生まれてきてから今まで

その菌と一緒に生きてきたんだから。


急に一緒に生きてきた菌を殺しちゃったら、

全然知らない菌が急に入ってきて、

そりゃ調子悪くなっちゃうよね。


っていう理屈です。



なので、ヨードでうがいをしたら、

もともと喉にいた菌がやられちゃって、

他の菌が入り込んだせいで

風邪を引いちゃうのではないか、と。


それくらい常在菌って大切なんだろうなと

思うわけで、これはカンジダっていう

かゆみの原因になる菌の話にも共通する

わけです。


obgyne.hatenablog.com


ということで、みなさん、がんばって

水うがいしましょう!

広告を非表示にする