現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

不妊治療について その2

今回は不妊治療の中で

子宮卵管造影という検査に

ついて説明したいと思います。




卵管とは子宮から出てる二本の管で

子宮の中に入ってきた精子と、

卵巣から出てきた卵子が通過する

通り道。その卵管が、もし両方とも

詰まってると、精子卵子が出会わない

ので、自然妊娠できないことになります。



なので、子宮の中に造影剤という

液体を入れていって、卵管が通って

いるかどうかを確認する検査が

子宮卵管造影という検査になります。



この検査をすることで、卵管が両方とも

通っていれば、ひとまず卵管に関しては

問題ないと思ってもらっていいです。



もし、両方の卵管が閉鎖していれば

自然妊娠や人工授精で妊娠することは

不可能で、体外受精で妊娠を目指すことに

なります。



ただ、両方の卵管が詰まってると言われても、

100%詰まってるとは断定できないのです。

痛みや緊張で卵管が収縮することがあり、

その検査の時だけ閉じちゃってる

可能性があるので、それだけで

すぐに体外受精に直結するわけではありません。

場合によっては、後日もう一度検査をして

みたりすることもあります。



卵管が閉じてしまう原因としては

クラミジアに感染することであったり、

子宮内膜症がどんどん進行してしまうことで

癒着が進行して、卵管が閉鎖してしまう

ことが考えられます。



ですので、妊娠を考える方にとっては

知らない間にクラミジアに感染していることは

大変影響が大きい問題になりますし、

子宮内膜症も放置しておくと、生理痛が

ひどくなるだけでなく、不妊症の

原因にもなりえるのです。



子宮卵管造影という検査では

以上のように、卵管が通っているかどうかを

調べる事ができるのですが、検査という

目的以外に、もともと通りにくかった

卵管を通りやすくする、という治療的な

側面もあるのです。


ですので、出来るだけ妊娠を早く希望されている方は

子宮卵管造影という検査を積極的に受けてくださいね。

広告を非表示にする