現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

医者が教える勉強方法 センター試験編

センター試験、終わりましたね。

受験生の皆さん、お疲れ様でした。


そして、来年センター試験

受験するみなさん、あと1年しか

ありませんよ!!


そんなセンター試験受験生の

皆さんに、私なりの勉強方法を

書いてみたいと思います。




わたくしは勉強が大好きです。

気持ち悪いですよね、、、


でも、何か新しいことを知るのは

いわゆる知的好奇心が満たされて

楽しいんです。


で、それが結果につながるのも楽しい。


小さいころは、学校の勉強をして、それが

いい点数のテストとして返ってくるのが

純粋に楽しかった。


今でも、いろいろ調べて、目の前の

患者さんの治療方針に役立つというのは、

それはもうとんでもない知的興奮と

いいますか、知的好奇心が満たされる

度合いがものすごいわけです。



それはさておき、センター試験

勉強方法でしたね。



それはずばり、


ひたすら同じことの繰り返し



さすがに英単語をひたすら書いて覚える、

ということはしませんでしたが、

最初に英語を勉強し始めたときは、

単語を覚えるのではなく

少し短めの文章を丸暗記することから

始めていました。


そうすることで、英語の主語と動詞の

関係とか疑問文の作り方とかを頭に

叩き込みました。


それからは、ひたすら英文を読みました。

何の脈絡もない単語を丸暗記するより、

いろんな英文を読むことで、繰り返し

出てくる英単語を自然に覚えていった

感じです。


ですので、さすがにセンター試験の受験生の

皆さんが短めの文章から覚える必要はないと

思いますが、細切れの英単語を丸暗記する

より、文章をたくさん読んで、単語にも

英文の構成にも慣れた方が、よほど効率が

いいと思います。




数学に関しても、物理や化学に関しても

ひたすら繰り返し。これらの受験勉強は

すべてパターンだと思ってましたし、その

やり方は間違ってないと思います。


どんなに記憶力が良くても、一回パターンを

覚えただけだと、すぐに忘れてしまいます。


ですので、同じパターンで解ける問題を

何回も何回も解く。全く同じ問題だと

すぐに飽きちゃいますから、当然違う問題を

解くんですが、その解き方のパターンが

同じものをひたすら解くんです。


正直、問題によっては、え?なんで

そうなるの?

って深みにはまってしまうようなことも

ありました。


でも、そこで追求したところで、

時間の無駄。

そういう問題は、そうやって解くもの

なんだって頭に叩き込むんです。

それで繰り返していると、

気が付いたら、理由なんてない!

こうやって解くものなんだ!って不思議と

納得がいくようになるんです。


なので、数学にしろ物理にしろ化学にしろ

ひたすらパターンを覚えていくって

感じでやるしかないんです。


だから、勉強には時間がかかるんです。


教科書を読んで、大事なところに線を引く

時間なんて必要ありません。


線を引いても、頭に何も残りません。


ひたすら問題を解いてください。

次から次へと問題集を買う必要も

ありません。

一つの問題集を何回も解いてください。


そして、問題文を見ただけで、

あぁ、このタイプの問題ね、解き方は

こうだな

って頭に浮かぶくらい繰り返してください。


そうすることで、自然とパターンが

しみ込んできて、少なくとも

センター試験レベルの

数学や物理、化学では満点が

取れるようになりますから。