現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

PCOに対してできること 

以前、PCO 多嚢胞性卵巣症候群について

説明したのですが、今回はもう少し踏み

込んで書いてみたいと思います。


obgyne.hatenablog.com



繰り返しになっちゃいますが、

PCOというのは、簡単に言ってしまうと、

なかなか排卵しづらくって、その影響で

月経不順になったり、

不妊症になったりしてしまいます。


生理不順や不妊症に困っているようで

あれば、それぞれに対して治療をしていく

ことになります。


もし、PCOと言われて、出来るだけ早く

妊娠したい方は、当然ながら産婦人科

受診してもらう必要があります。

何もしなければ排卵しづらい状況なので、

そのままだとなかなか妊娠できないから

ですね。


ただ、今すぐの妊娠は考えてないけれど、

将来的には妊娠したいなぁと思っている

方も多いと思います。


そういう方が通院せずに出来ること、

それは一言でいうと

体重管理


ただ、極端に体重を減らしすぎると、


体重減少性無月経


と言って、これまた生理不順や不妊の原因に

なりますので、過度の体重減少は考え物。


ですので、もし今の体重が

BMI:25以上の方は

体重管理を考えてください!


ちなみに、BMI:25以上というのは


150㎝だと56kg以上

155㎝だと60kg以上

160㎝だと64kg以上

になってきます。


具体的な計算方法は

25 x 身長(m) x 身長(m)


です。身長の単位がメートルなので、


155㎝の方は、


1.55


をかけてくださいね。



で、5%~10%程度の減量で排卵率や

妊娠率が改善すると言われています。


ですので、日ごろから出来ることといえば


体重コントロール

を頑張っていただければ、と思います。

そのダイエットがまた難しいんだよ!!

って声が聴こえてきそうですが・・・

広告を非表示にする