現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

不妊治療について その1

今回は不妊治療について。


といっても、不妊治療に関してはとても

長くなってしまうので、何回かに分けて

書きたいと思います。


まず、最初に不妊症というのは何か。



妊娠を希望し、継続的に性行為を

行ったにもかかわらず、

1年間

妊娠にいたらない場合を、

不妊症といいます。


この1年間という期間に関しては、

昨年までは2年間とされていました。

それが、定義の変更で

1年間と短縮されたのです。


しかし、実際に診療をしていて、

この1年とか2年とかいう定義はあまり

関係なくて、患者さんが今すぐにでも

子供が欲しい!と思ったら、もうその

時点からいわゆる不妊治療を

開始していくのでもいいのではないかと

思っています。


そこで、不妊治療としてまず始めるのが、

何か妊娠しづらい原因がないか、

という一般的な検査。


血液検査をしてホルモン値に異常がないか、

超音波をして子宮や卵巣に異常がないか、

また、患者さん自身に基礎体温をつけて

もらって、ちゃんと低温相と高温相に

わかれているかどうかの確認、

もちろん、ご主人の検査も必要です!!


不妊症の原因って、確率的にご主人にも

半分くらい原因があるって言われて

いますから、ご主人の精液検査も、

とても大事。


そうやって、一通り検査をして、

何か異常がみつかれば

それぞれに対して治療をしていくことに

なります。


外来をしていて、よくいらっしゃるのが

PCO


という状態。日本語で言うと、


多のう胞性卵巣症候群


と言います。


これは、卵巣の中に小さなランポウが

沢山あって、結局どれも排卵できないって

タイプです。


ランポウっていうのは、生理後に徐々に

大きくなって、2週間ほどで破れて、

中にある卵子をお腹の中に放出する

やつです。



このPCOの患者さんは結構多い印象ですね。

うまく排卵できないので、基礎体温

つけても何かガタガタしていて

いつ体温が上がったのかわからないのが

特徴です。


もちろん、毎回絶対排卵しない訳では

ないので、たまーにポッと排卵して、

そこで妊娠する方もいらっしゃいますが、

基本的には排卵しづらいので、

PCOと言われた方は、妊娠を考え

始めたときに、早めに不妊治療を

始める必要があります。



普段の生活で、PCOSに対して出来ることも

あるので、その辺は、また今度!

広告を非表示にする