現役産婦人科医の時間外診療

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役産婦人科医の時間外診療

現役産婦人科医が診察室では説明しきれないことをまとめてみます

子宮筋腫について

みなさん、婦人科検診はしっかり受けていますか。

子宮頸がんは早期に見つけることができれば、十分治療可能であり、年に一度は婦人科検診を受けてくださいね。



それで、検診を受けた方の中で、子宮筋腫を指摘されて紹介されてくる方が結構います。


女性の約3割は子宮筋腫があるといわれていますので、それほど珍しくはない腫瘍なんですが、初めて指摘された方の中には、とても心配されて受診される方もいるので、今日は子宮筋腫について説明したいと思います。



さきほども説明したように、子宮筋腫というのはとてもよくある腫瘍です。

そして、生理がある間は徐々に大きくなっていくのですが、閉経してしまえば縮んでいくものなので、閉経までに特に症状がなければ、そのまま何もしなくても問題にはなりません。



子宮筋腫が原因で問題になることといえば、

生理の量が多い、生理痛が強い

不妊の原因になる

便秘・排尿回数が増える

腰痛


などです。


ただ、どの症状も子宮筋腫とイコールではありません。



生理の量が多かったり、不妊の原因になるのは、子宮筋腫ができている場所次第ですし、便秘や排尿、腰痛に関しては子宮筋腫の大きさ次第です。


なので、検診で指摘されたからといって、すぐ心配する必要はなくて、一度診察で筋腫の位置や大きさを確認しておけばそれに応じた治療を選ぶことができます。



もっともメジャーな治療法としては手術をして筋腫を取る!

最近では、ある程度の大きさの筋腫まで
腹腔鏡で手術できるようになってきたので、もし手術を勧められている方は、腹腔鏡手術ができるかどうかも相談してみてくださいね。

よっぽど大きいものでなければ、腹腔鏡で出来ることが多いですから。


他の治療としては、できる病院がかなり
限られてきますが、

FUS(集束超音波治療)

といって、お腹の外から超音波をあてて子宮筋腫を縮める方法だったり、

UAE(子宮動脈塞栓術)

といって、子宮筋腫を栄養している血管を詰めちゃう方法もあります。



なので、子宮筋腫の治療にもいろいろあるので、もし筋腫による症状で悩んでいる方がいれば、いろいろ検討してもらえればと思います。


ちなみに、お腹が膨らんでいるのがわかるほど子宮筋腫を育てちゃう方!!!

早めに病院行ってください・・・


あまり子宮筋腫が大きくなっちゃうと、
背中側になる太い血管を圧迫しちゃって、足の血流が悪くなるんです。


そうすると、エコノミークラス症候群
いって、血管の中に血栓という血の塊が
できちゃうことがあります。

それが何かの拍子にポーンって流れて肺を詰まらせてしまうと命にかかわりかねない!!!


って、そこまで大事になることは少ないんですが、血栓症になって、足がパンパンに腫れてくる方はたまにいらっしゃいます。


なので、あぁなんか太ったなぁで済まさないで、一度は婦人科検診も受けてくださいね。

広告を非表示にする