現役産婦人科医の時間外診療

平和島レディースクリニック

診察室では説明しきれないことを中心に

妊娠中の塗り薬について

妊娠前から皮膚科で出されていた薬を妊娠中も継続していいのか聞かれることがとても多いので、今回は妊娠中の塗り薬について説明したいと思います。


一番よく処方されている薬の種類としては


ステロイド軟こう


というものですね。かゆみや炎症に対して処方されることが多いと思います。


ステロイドというと、効果はあるけれど副作用もある、というイメージがあると思います。実際、妊娠中にステロイドを内服することで奇形の確率がわずかばかりあがった、という論文があったり、それを否定する論文があったりと、なかなか判断が難しい薬になります。

基本的には、ステロイドを使わないことで妊娠中の体調が相当悪くなるのであれば、ステロイドを使うメリットの方が大きいと判断して継続することになります。

ただし、それはステロイドを内服する場合のこと。


今回お話ししているステロイドの塗り薬であれば、基本的にそのような副作用は考えなくても大丈夫です。


というのも、皮膚に塗ったステロイドが皮膚から吸収されて全身に回り、赤ちゃんまで到達する量はごくわずかだからです。

ですので、決められた量を決められた部位に使うだけであれば、赤ちゃんへの影響はまず考えなくて大丈夫。


ちなみに、薬の添付文書には、


妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量または長期にわたる広範囲の使用を避けること


とありますので、ここからも広範囲に使うものでなければ大丈夫と言えますね。


次にニキビの治療薬についてですが、これはかなり注意が必要になるため、また別の機会に説明したいと思います。

簡単に言うと、


アキュテイン


という薬は要注意です。日本国内ではまだ承認されていない薬なので、ニキビ治療薬を個人輸入している場合や、皮膚科の先生が特別に輸入して使っている場合などは、注意が必要なので、気を付けてくださいね。

妊娠中に痛み止めを飲んでもいいの?

もともと頭痛もちだったり、妊娠してから腰痛が出てきたりして、痛み止めが必要になることがあります。

そんな時、どういうタイプの痛み止めを飲めばいいのか、今回はまとめてみたいと思います。


痛み止めにはいくつも種類があって、市販薬まで含めるとキリが無くなってしまうので、ひとまず処方薬について説明したいと思います。痛み止めが必要になった時は、市販薬を飲まずに、処方薬を使うようにしてくださいね。


痛み止めで一番なじみがあるのは、


ロキソニン


という薬です。これは、処方薬でもありますし、市販もされています。

とてもよく使う薬なのですが、基本的にはロキソニンは妊娠中には使いにくい薬になっています。

まず、妊娠初期にロキソニンを内服した場合、論文によっては流産率が上昇した、というものがあります。流産率は変わらなかった、という論文もあるので判断が難しい部分ですが、他に使える痛み止めがあるのであれば、あえてロキソニンを選ばなくてもいいというところでしょう。

また、妊娠後期に内服した場合は、


胎児動脈管


という赤ちゃんにとって大事な血管に影響する可能性があるため、やはり妊娠後期も内服しない方がいいでしょう。

この動脈管という血管はとても大切なので、痛み止め成分が入った湿布薬も基本的には妊娠後期には使わない方がいいでしょう。




妊娠中に比較的安全と言われている鎮痛剤としては、


アセトアミノフェン


というものがあります。カロナールという商品名で有名な薬ですが、これであれば妊娠初期・中期を通して比較的安全と言われているので、


妊娠中の痛み止めといえばアセトアミノフェン


と考えられています。


痛み止めには、まずアセトアミノフェンを使ってみて、それでもダメであれば、副作用を考えたうえで、別の痛み止めを使っていくことになります。

特にひどい片頭痛がある場合、先ほどのアセトアミノフェンでは効果がないことがあり、妊娠初期であればロキソニンも選択肢に上がってきます。ロキソニンによって流産率が上がるかも、という論文はあるものの、否定的な論文もありますし、奇形の確率が上がるというデータはないので、どうしても頭痛がキツイ場合には、ロキソニン内服も考えることになります。

以上、妊娠中の痛み止めについてまとめてみました。


もし、妊娠中に痛み止めが必要になったら、いきなり市販薬で対処するのではなく、受診して相談して下さいね。

妊娠に気づかずに○○を飲んでしまいました。

普段の外来でよく相談されることとして、


生理が遅れたので、念のため、妊娠検査薬を調べてみたら陽性でした。

妊娠に気づかずに○○を飲んでしまいました。


という相談です。


お酒を飲んでしまったり、風邪薬を飲んでしまったり、タバコを吸ってしまったり・・・

いろいろな状況があるのですが、妊娠に気付くのが遅れてしまうのは、よくあることです。


そこで、今回は妊娠ごく初期のことについて説明したいと思います。


まず、排卵後に受精した日にちを妊娠2週0日と定義します。

まだ妊娠してるかどうかもわからないのに、いきなり妊娠2週になるわけですが、そこは余り深く考えないでください。

あくまで定義の問題ですので。


そして、お母さんが体内に取り入れたものは、妊娠4週0日までは影響が出ないと言われています。

この時期を

「全か無か」の時期

と呼んでいます。



万が一、何か影響が出るものを体内に取り入れたとすれば、妊娠4週までに「無」、つまり妊娠が成立しないことになるので、何も気付かずにいつも通りの生理が来ます。

逆に、妊娠が成立した=子宮の中に赤ちゃんの入る袋が見えた、ということは、「全」になるので、妊娠が成立していて、妊娠4週までに体内に取り入れたものは一切影響が出ない、ということになります。



ですので、妊娠検査薬で陽性に出て、婦人科の診察で子宮の中に赤ちゃんの袋が確認できれば、それまでのタバコやお酒、風邪薬なんかは気にしなくても大丈夫と言えます。


では、妊娠4週以降はどうなのか、というと、医学的には、最も赤ちゃんが影響を受けやすい時期に入ってきます。

とはいえ、その時期に妊娠に気付かずにタバコやお酒を飲んだからと言って、赤ちゃんに重い障害が出る確率が高くなるとは考えにくいため、ことさら心配する必要はないでしょう。


一般的に、妊娠したすべての女性のうち約3%ほどは赤ちゃんに奇形が生じます。

妊娠に気付かずに数日タバコを吸ったり、お酒や風邪薬を飲んだところで、その確率はほとんど変わらないので、妊娠に気付いてから止めれば十分でしょう。



ただ、「友達は妊娠中にタバコを吸ってたけど元気な赤ちゃんを産んだ」という情報だけは鵜呑みにしないでください。


それはたまたま「運が良かった」だけです。


妊娠したら


妊娠に気付いたら


お酒もタバコもやめる


それが、出産の第一歩です。

傷をキレイに治すために

時々、外来で

帝王切開の傷が目立つんですが

と相談されることがあります。


この「傷跡」が目立つものとしては


肥厚性瘢痕

ケロイド

というものが考えられます。

ケロイドというのは、傷跡からどんどん広がって正常な皮膚にまで広がるタイプですので、比較的少なくて、肥厚性瘢痕という状態のことが多い印象です。


そして、この肥厚性瘢痕を予防する方法としては、まずは


術後早期


からの対応が大事になってきます。


というのも、傷跡が広がる方向に力が加わっていると、傷自体が広がってしまって、肥厚性瘢痕になりやすいので、早い段階からテープで皮膚を寄せるようにするのが大切になってきます。


以前、勤めていた病院では、帝王切開の後の妊婦さんには全員そのように説明していて、専用のテープも購入してもらうようにしていたのですが、病院によっては、そのような説明までしていないところもあるようです。


ですので、もしこれから手術をする予定があれば、術後早期からの対応が大事だということは覚えておいてくださいね。



そして、もうすでに手術から時間が経っている、というかた。

肥厚性瘢痕であれば、数カ月から年単位で徐々に傷は目立たなくなっていくことが多いです。

そのほかには、トラニラストという飲み薬を半年ほど飲んでいると、8割近い人が痛みやかゆみ、赤みや固さが改善してきた、というデータもありますので、試してみてもいいと思います。


傷跡は仕方がない、と悩んでいる方は一度相談してみてくださいね。

手術を担当した先生だと、なかなか傷跡の「その後」まで詳しくないことも多いので、傷跡で相談するのであれば、形成外科がおススメです。

コウノドリだけが産婦人科医じゃない

皆さんは、「産婦人科医」と聞いて、何をイメージされるでしょうか。


最近だと、コウノドリが流行っているので、あのイメージをされる方も多いかと思います。


私はコウノドリをほとんど見たことがないのですが、その理由はこちらから・・・


obgyne.hatenablog.com


そういったイメージだと、「産婦人科医は出産に関わる医師だ」ということになると思います。


ただ、実際の産婦人科医は「出産」だけが仕事ではありません。



産婦人科」というように、大きく分けて「産科」と「婦人科」に分かれています。


「産科」の方は、コウノドリのイメージ通り、出産に関わります。


先日書いたような妊婦健診も、「産科」の分類に入ってきます。

obgyne.hatenablog.com



その一方で「婦人科」というのは、子宮癌や卵巣癌のように悪性腫瘍に関わることがメインになってきます。


こういった「産科」と「婦人科」の違いは、「産婦人科専門医」という資格を取った後に選ぶことになっています。


産婦人科専門医の資格を取るまでは、満遍なく「産科」も「婦人科」も経験するので、「産科の基礎」や「婦人科の基礎」は、どの産婦人科医でも対応可能な状況になっています。


ただし、「基礎」を超えてくると、同じ産婦人科医でも対応できない専門分野が出てきます。


先日ブログでも書いた胎児超音波の「総肺静脈還流異常症」は、「基礎的な分野」より「専門的な分野」に近い領域と言えるでしょう。


obgyne.hatenablog.com


そのほかにも、遺伝関係の専門医であったり、不妊症関係の専門医であったり、いろいろな分野へと細分化されていき、その道のプロフェッショナルが生まれていくことになります。




では、産婦人科専門医の資格を取った産婦人科医が、それぞれ「産科の道」「婦人科の道」だけを進んでいくのかというと、残念ながらそこまで特化した道を選べないのが現状です。

特に「お産」や「妊婦健診」に関しては、「産科のスペシャリスト」だけでは到底手が足りず、「婦人科のスペシャリスト」も担当している状況だったりします。


そう考えると、産婦人科医は、生まれる前から、死ぬ直前まで関わることになるので、本当に幅広い分野に関わることになります。


担当のがん患者さんが亡くなり、お見送りをした直後に、お産に呼ばれて赤ちゃんの出産に立ち会うなんてことも普通にあったりして、気持ちの切り替えが難しいことも珍しくありません。


そんな感じで働いているのが、「産婦人科医」という職業です。